投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【童貞】人妻OLの私と課長の息子【処女】

 私は25歳の人妻のOLです。2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待がさせてご機嫌取りをするのが主な仕事でした。自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。社内はもちろん、取引先の相手に交際や誘いはあり、その中で選んだは、20歳年上の人事部の部長でした。大人の男といった感じの紳士でしたが付き合って一ヶ月もしないで破局。部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけ、自分に都合にいい女である事を求められたので別れました。次に同期の男性と付き合いました。ハンサムで仕事ができる自信家でした。ただし、セックスは下手。私に命令するだけのただの冷凍マグロなのです。まあ、私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。私が結婚を申し込んだとき、自分は女癖はあまりよくないので浮気するから、それでもいいのなら、結婚してもいいといわれました。私はそれなら自分も浮気をして子供を産むというと、彼はいいともと何と承諾。付き合ってすぐに結婚しました。しかし、結婚後、すぐさま、夫は海外転勤。仕事もあるので私は日本に残りました。
 夫が転勤した後、部長が誘いがありましたが、相変わらず自分に都合にいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、狂犬の様に罵詈雑言の浴びせられ、図太い神経の私も酷く傷つき落ち込みました。夫を追って外国にいこうかと真剣に考えていたとき、私は一人の男の子と会社で出会いました。
 名前は悠君といい、秘書課の課長の子供で中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。私は悠君を一目見て、気に入り、憂鬱な心が癒されました。名ばかりの秘書課なので課長も営業部、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、悠君は外部の支援会社との必要な書類の運搬係、まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。
 手伝いとはいえ会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるようにいわれていました。私は悠君を一目見て好きになりました。そして、お近づきになるために急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で悠君の所に行きました。
 悠君は私が来るとおっかなびっくりな表情で少し顔を赤らめていました。そんな悠君を見て私は可愛いと思い、優しいOLのお姉さん的に話しをしました。悠君と色々な話しをしました。お母さんは小さい頃に亡くなっており、中学に上がってからは一人暮らし状態と聞いたので、私は悠君に「しばらくの間、私の家でご飯を食べなさい」と誘い出しました。さすがに今日からとはいかず、課長の許可を貰い、次の日からとなりました。
 私はやったと思い、家に戻ると下の毛をすべて剃り落とし、ツルツルに仕上げ、ローションやら勝負用の紐パンやらストッキングなどの買いそろえて準備万端して寝床に入りました。そして、その夜に私は悠君と愛し合う恋人同士になった夢を見てしまい、寝ながらオナニーに耽ってました。
 次の日、私は戦闘準備よろしくに化粧をして会社に行き、急いで仕事を片付けて、悠君の元に向いました。昨日から悠君とセックスすることでいっぱいでしたが、頭を冷静にして、防音室のドアを開けるととんでもない光景がありました。何と悠君はズボンとパンツを脱いで、下半身丸出しにしており、悠君のペニスは反り返っていたのです。悠君は私を見てキョトンとしていましたが、私は悠君のペニスに釘付けです。悠君のペニスは女の子のような綺麗な顔に似合わず、太く長く大きかったのです。夫や部長など問題外です。これ欲しいと思いつつも、私は何をしているのかと悠君に訊ねると、実は昨日からペニスの様子がおかしいので調べていたというのです。よく見ると保健体育の専門書が机の上に乗っていました。
 悠君の話によると昨日、私と話をしているときから、ペニスが途端に大きくなったので体に異変があるのではないかと思い、図書館で保健体育の本を借りてきて、調べていたのだというのであります。私はえっと思いました。私はそれを聞いてすぐに悠君に性の知識がないという事と、悠君が私に欲情していた事実を知り、この絶好の状況に迷わず行動に移りました。
「ねえ、悠君。私がこれが何なのか今夜、教えてあげるわ」
「うん、加奈子さん(私の名前)教えて」
「でも、とりあえず、大きくなったこれを小さくしなくちゃね。ちょっと待ってて」
 私は急いでロッカーから野外セックスを想定したグッズを入れたポーチを持って防音室に戻り、しっかりと鍵を掛けました。悠君はじっと私が来るのを待っていてくれてました。もちろん、ペニスは反り返ったままです。
「じゃあ、これを小さくする準備するわね」
 私はそういうと来ている服を脱ぎ始めました。
「え、加奈子さん、ちょっと待って」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年12月24日 | エッチ体験談カテゴリー:初体験談

【風俗】過去に女房がヤクザの奴隷【性処理】

俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。
だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。
数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレ
と言うか奴隷なのかも知れんが・・・もう8年くらい前の話なので、俺は結婚してから聞いたのでそんなに気にもして
いないのだが、このスレを見つけたので参考までに書いておこう。10年前にそのヤクザだかチンピラだかに知り合ったらしい。
(詳しいことは女房も知らんらしいが・・・)
女房は酒好きでだらしがない。
酔っ払うと、酔っ払い親父の逆バージョンって感じなので、外で一緒に飲んでると
一緒に居るのが恥ずかしいくらいだ。女房の話によると、10年前にとあるスナックで飲んでて、そこにヤクザも飲みに来ていた。
残念ながら女房の乳は、ここのスレに出てくる女性のようにIカップほどの爆乳ではないが、
そこそこ乳はでかくて今は太ったのでGカップ。(10年前のピルと年のせいで太ったと思われる)
当時はFカップのスレンダー巨乳だった。(T166、B100、アンダー75 今現在のサイズ)
昔から大酒くらいの女房だったが、顔もスタイルも悪くないために結構男からは人気があった。
ただし、ベロンベロンにならなければの話だ。
ひどく酔っ払うと大抵の男は引いてしまうくらいにだらしがない。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エッチ体験談カテゴリー:風俗での体験談

【出会い系】初めて知り合った女と生でH → 俺 【ヤリ目】

彼女「え、はあ?!ちょ、なにしてんの?」

俺「いや、あの、そn」

彼女「妊娠したらどうすんのよ!?」

どうしよう・・・
お前ら助けてください。

<>3:名無しさん2014/04/23(水)22:47:07ID:ZLB2437TX<>
パパやっと見つけた

<>4:名無しさん2014/04/23(水)22:47:11ID:L4xbZFf2c<>
出したって言ってもほんの少しだし、ドップリだしたわけじゃないから大丈夫だよな!?

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||

2016年1月5日 | エッチ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】女とイチャイチャしたいなら来い 【ヤリ目】

:<>1:2013/11/03(火)12:03:20.29ID:4YECM18D0<>
出会い系にうんざりしてるやつに見ていってほしい。
てか見てる人いるかな。

<>2:気まぐれ774さん:2013/11/03(火)12:05:16.83ID:i4USvNhDO<>
いるで

<>3:気まぐれ774さん:2013/11/03(火)12:05:22.01ID:BjSTATRS0<>
語ってみろ

<>4:1:2013/11/03(火)12:06:33.55ID:4YECM18D0<>
よしいるな。
じゃあそもそも出会える系って何ぞっていう話からするか。

<>5:1:2013/11/03(火)12:07:45.62ID:4YECM18D0<>

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2016年1月4日 | エッチ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】女からエロ写メもらいつつハメ倒す方法みつけたったww 【ヤリ目】

<>1:1:2013/08/15(日)12:03:20.29ID:4YECM18D0<>

ヤりたくてムラムラしてるやつは見てったほうがいいぞw
エロ写メもらえるしハメハメできるし最高すぐるwww

<>2:気まぐれ774さん:2013/08/15(日)12:05:16.83ID:i4USvNhDO<>

聞かせてくれ

<>3:気まぐれ774さん:2013/08/15(日)12:05:22.01ID:BjSTATRS0<>

パンツ脱いだ

<>4:1:2013/08/15(日)12:06:33.55ID:4YECM18D0<>

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年12月27日 | エッチ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】20歳の家出娘とヤリまくった結果www 【ヤリ目】

<>1:名前は未だ無い:投稿日:2014年11月12日17:14:18.42ID:rilMEUoW0<>
部屋に居座られてんだけどどうすればいいのこれ?

<>2:名前は未だ無い:投稿日:2014年11月12日17:17:35.29ID:zYQX9nGf0<>
という夢を見たんだ

<>3:名前は未だ無い:投稿日:2014年11月12日17:19:44.38ID:72Zspuv60<>
氏ね

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年12月19日 | エッチ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】今までやってきた女の写メうpする 【ヤリ目】

<>1:名無しさん@ピンキー:2013/07/18(木)10:13:47.86ID:HlBz2sLzx<>

俺が出会い系デビューしたのが4年前。

先月、ついにサイトで出会ってセクロスした女の数が50人を突破した。

条件ありとか割り切りが半分以上だけどな。
50人突破を記念して、今までにヤッた女やGETした女の写メを晒していこうと思う。

<>6:名無しさん@ピンキー:2013/07/18(木)10:25:48.93ID:rSbpnAZ6o<>

4年で50人って多いのか少ねえのかわからん。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年12月12日 | エッチ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【寝取られ】23歳の彼女が温泉旅館で巨根のオヤジに寝取られる 全文 【貸し出し】

これは去年の秋に彼女と行った温泉旅行での出来事です。
オレは鉄鋼所に勤めてる28歳で
オレの彼女はそこの事務をやってるOLで歳は23。
名前は仮名ですが「かおり」としておきます。
うちの会社の事務員は色気のないおばさんと
普通の主婦だがパソコンができるパートさんの二人だけだったんだけど
そのパートさんが旦那の転勤で退職することになり
新卒採用できたのがかおりだった。

第一印象のかおりは特別可愛いというわけでもないがブスではなく中の上だが
よく笑う娘で、人懐っこい愛嬌のある娘だった。
オレは両親が温泉好きで小さい頃からよく家族で温泉旅行に行ってたんだけど
かおりも温泉好きだということがわかりよく話があった。
そんな彼女の事を好きになるのに時間は掛からなかった。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年7月20日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【M男】家庭教師の教え子に調教された 【被虐好き】

<>75名無し調教中。2014/07/27(日)03:10:22.62ID:WQXQ6Q+u<>
私が大学生の時です。
女子中学生の家庭教師をしていました。
今の中学生と違って、そのころの中学生は、本当に素直で純真な感じでした。
週に3回ほど行きました。
最初は部屋もきれいに片付けられていたのですが
そのうち部屋に入ったときにベッドの上に可愛い下着が脱ぎすてられているようなこともありました。
何かの用事で階下に下りていったときに、ついその下着を手にとりました。
パンツのちょうどそのところは薄く色がついていました。
思わず、そこに口をつけてしまいました。
それだけで、若い男の体は、ギンギンに固くなっていました。
<>76名無し調教中。2014/07/27(日)03:12:06.88ID:WQXQ6Q+u<>
5月から家庭教師をはじめて、やがて8月の夏休みとなるころにはずいぶんと親しくなっていた。
その年の夏は猛暑だった。
タンクトップやランイングシャツが流行っていたので、その子もそんな姿で勉強をしていた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年6月11日 | エッチ体験談カテゴリー:M男の体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 【貸し出し】

結婚8年目、菜穂と智明の夫婦生活は2年前までは順調だった。

2人の子供に恵まれ、一戸建ての家もローンを組んで購入。

智明も、さぁこれからバリバリ働いていこうと意気込んでいた矢先の事だった。

2年前の猛烈な不況の煽りによって、智明が勤めていた会社が傾き始めたのだ。

それでも真面目な智明は必死に働いた。

家族のため、そして会社のためにも。

智明は、お金のためだけに働いていた訳じゃない。高い志を持って就職した会社だ。

上司も、社長も、若い頃からお世話になった人達ばかり。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2015年5月30日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談
1 / 6812345...102030...最後 »

このページの先頭へ