投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【会社】陽子のおもいで  第22章 2人はつねにあなたのモノ・・・【職場】

急行の止まらないその駅で降りて商店街を通り綾子の住むマンションへと向かった。
流石にこの辺に来ると土曜日でも会社に向かって通勤する人の姿がちらほらと見えるので、陽子の綾子も変なことをしないでおとなしく歩いていた。
途中コンビニに立ち寄り、食料をやたらと買い込んだ。おそらく2人の計画では、一端部屋に入って事を始めたら夜まで、いや明日まで・・・もしかしたら明後日の朝、会社に行くまで変態で淫靡でとことん淫乱な3人の世界を繰り広げるつもりなのだろうと思った。
その証拠に、マンションに着く前だというのに陽子はオマンコがビチョビチョになってしまったと訴えてくるし、綾子はピアスがクリトリスを擦って逝ってしまいそうと歩いている途中で民家の壁に手を付いて片手でスカートの中に手を入れてピアスの位置をずらす行為をしだす始末で、マンションの部屋まで待てないと訴えかけてきた。
歩きながら辺りを見ると公園があり、公衆便所が設置してあるのが目に入ったので、そこで体勢をを整えるように促して2人を送り込み、外のベンチで待つことにした。
5分ほど経ったころでしょうか、なかなか二人が出てこないので様子を見に行くことにしました。
入り口を入ると左が男性用、右が女性用となっていました。綾子のもだえるような声が聞こえてきます。
やっぱりだ、と思ってその声のする方を見てみると、男子トイレの方から聞こえています。
「なんで・・・」と思いながら男子トイレの中を覗いてみると、小便器が五台大便用の個室が三室並んでいるのですが、その一番奥の個室から綾子の声が漏れてきています。
ぼくはその個室の前に立ち、中の様子を伺いながら喘ぎ声が途切れたのを確認してからノックしてみた。陽子の声がした「・・・雅之なの?・・・」小さな声が帰ってきた。
「2人とも中に居るんだろ?・・・大丈夫なのか?」
「綾子が大変なの・・・」「入って良いかい?ぼくも・・・」
「入ってきて早く・・・」こんどは綾子の声だ。
そして「カチッ」という音がして、鍵が開いたのがわかったのでドアノブを押した。
ぼくの目に飛び込んで来たのは、綾子のむき出しになったお尻と肛門そしてその下でマンコ汁に光って腫れ上がった様に捲れあがった蜜壺とその周囲をピアスが蠢いていた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年11月16日 | エッチ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【会社】陽子のおもいで 第21章 新しいオメコ【職場】

東京への出張が終わって、平和な日々が戻ってきた。
ぼくと陽子が付き合っていることは、職場のみんなに何となく知れ渡っているようだが、陽子がここまで淫乱で変態であることは誰にもばれてはいないようすで、僕としては、ホッとするような、それでいてモノ足らないような、複雑な心境だった。
今日もきょうとて、昼食変わりにすっかり精液を吸い取られ、午後の仕事に取り掛かる気が起きないでデスクに向かって座っている僕だった。ボーつとしていると、陽子がやって来て話しかけてきた。
「ネェ・・・今度職場の女の子ばかりで女子会をしようということになったんだけど・・・いっても良い?」
「え~いつ?」
「今週の金曜日の夜・・・良いでしょ!」
「行きたいんだったら、どうぞ。その代わり、お土産よろしくね!」
「ありがとう・・・OKお土産、まかせといて・・・とびっきりのをねッ・・・楽しみにしといて!」
そして、その金曜日、僕は女子会に出発する女の子達を見送って、残った編集作業をしながら陽子の帰りを職場で待つことにした。
午後11時を悠に廻りまもなく日付が変わろうとする頃ケイタイが陽子からの着信を知らせた。
大阪駅前のホテルのバーで3次会に入ったと言うことで、合流してほしいというものだった。
ぼくは急いで仕事を止め、局舎の出口で客待ちしているタクシーに飛び乗った。
大阪駅前のホテルに飛び込んで、4階にあるバーに向かうと、バーテンが陽子からの伝言を聞いていて
「こちらのバーは0時で閉店させていただきました。お探しのお連れ様は田中さまですか?」
「はい、そうです」と言うと、「でしたら、田中様からご伝言を預かっています。」と言ってメモを渡された。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年11月16日 | エッチ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【会社】陽子のおもいで  第19章 肉欲だけの夏休み Part8【職場】

庭に降りて見渡してみるとそう広すぎず狭すぎずと言った居心地の良さそうな広さで、一面芝生で覆わた気持ちの良い庭です。
「ここはパパがゴルフのパターの練習で主に使っているところなの。
・・・練習してるのをあまり人に見られたくないのでお風呂場の前に作ったんだって。
パパもよくバスルームから裸で出てきてパターの練習してる見たいよ・・・」
「へ〜え、ほんと、言い芝生だ・・・手入れも行き届いてる。・・・プライベートグリーンだね・・」
こう話している間も陽子の手は既にチンポに伸びて、手のひらで包んで撫でるようにして快感を送り込きた。
2人でレジャーベッドに腰を掛けると聞いてきた。
「ねええ〜どっちを先にする?」
「・・・どっちって?・・・」耳元で誘惑する。
「す・る・・か・・と・る・・か、どっちが先?・・・あなた決めて・・・チンポ君はどっちが良いって言ってる?・・・直接聞きましょうか?・・・」と握った手の動きをはやめた。
「・・・先に撮ろう・・」
「じゃあ、そうしましょう・・・陽子から撮って・・・わかてると思うけど、綺麗に撮ってね・・・」
「じゃあ先ずは全身から。」
辺りを見渡してグリーンがバックになるところに陽子を立たせてポーズを取らせた。
「オマンコの毛チンポを見せつけるようなポーズでいこう・・・はい・・良いね・・・頂きま〜す」と、シャッターが降りた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2013年11月15日 | エッチ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【会社】陽子のおもいで  第7章 初夏の変態ドライブ【職場】

初夏のある日、陽子と待ち合わせてドライブに行くことになったのです。
何処と言って行く当てのないドライブです。当てではないですが、今日は何処でどんなセックスをして楽しもうかなというハッキリとした目的が2人の頭の中にはありました。
陽子の出で立ちは薄~い小さな花柄で水色を基調としたミニの綿のワンピースに素足のままでサンダルというもの。ぼくはショッキングピンク系のトレーナーとチノパン。チノパンの中はいきなりチンポです。それが陽子のいつものリクエストでした。
と言うことで、行き先も決めずに取りあえず出発。
往路は陽子の運転でスタート、だって、陽子のプレリュードでしたから僕は遠慮しました。車はいつの間にか高速に乗ろうとしています。そこで、何となく「西に向かってみる」と言って岡山方面に走らせることにしました。
「この車に乗せる男は僕で何人目?」と聞いてみると、「え~っと、3人目」
「えっ!?その僕の前に乗った2人はどんな人?」
「・・・パパと弟の2人よ安心して。その2人とは何もしてないから・・・」
「当たり前だよ・・・」「しても・・・キッスくらいかな!・・・ほっぺに・・・」とにやにや笑って僕の反応を楽しんでいる。
中国道の社サービスエリアで休憩です。
休憩と言っても喫茶にいく訳でもなく、ちょっとみんなが止めている場所から離れた所にある木の下にポツンと止めて、早速陽子の淫乱プレイが始まりました。
陽子は僕の方に身を乗り出してきてズボンのベルトを緩め、中から温和しくしていたチンポを引っ張り出してそっと扱きながら口に含みます。陽子の暖かい息を掛けられてチンポが目覚めてきます。
直ぐにカチカチのコチコチに変身してしまいました。
僕は助手席をめいっぱい倒して陽子のピストン運動が外から少しでも見え辛くして、なるべく2人のプレイを邪魔されないようにしました。
しかし、陽子はそんなことにはお構いなしで、舌を使って僕のチンポに快感を送り込み続けながら、自分の蜜壺をまさぐり始めます。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年11月13日 | エッチ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【友達】W不倫の果て⑨もう止らない・・・【セフレ】

祥子と二人で待ち合わせ場所に行くと、可愛らしい男の子がいました。
高校一年生・・・中学を出たばかりです。
私は少し良心が痛みましたが、おどおどして満足に会話も出来ない子を、祥子がどのように弄ぶのか見たい気持が勝っていました。
車に乗せ三人でホテルに直行、その子にとってラブホテルに入る事さえも初体験です。
”ねえ、二人でシャワー浴びてきていい?”
言うが早いか祥子はその子の手を取り”おいで!”と言って風呂場に行きます。
私は手持ち無沙汰なのでアダルトビデオを見ていましたが、祥子とその子はなかなか出てきません。
30分ほど過ぎてからでしょうか、その子の手を引きながら祥子が出て来ました。
“もう、一回抜いちゃった!”悪魔的な微笑で浮かべる祥子。
二人一緒にシャワーを浴び、ボデイソープで体を洗ってあげるとビンビンに起って来たそうで、
カリを包む皮を剥き、綺麗に洗ってからフェラすると、呆気なく祥子の口の中で果てたとの事でした。
”青臭くて一杯で、美味しかったよォ!”
”じゅん君、ベットにおいで!”
その子の名前はじゅん君、祥子はじゅん君をベットに仰向けに寝かせると、じゅん君に軽いキス、
やがて祥子の舌はじゅん君の口を割り中に入っていきます。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2013年11月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ひゃぁん 1【セフレ】

私にわ大学で知り合った男A、B、C、Dがいました。
ある日皆で話しててエロいはなしになって…
んじゃラブホいく?ってことになって行きました。
部屋に行くとなんとSMの部屋でした。
C『SMとかめっちゃ良いじゃん。』とノリノリ。BDも同様にノリノリでした。皆興奮したらしく、部屋をキョロキョロしていました。
Bがなにかを発見したらしくF(私)を呼びました。
そこへ行くとベッドに押し倒されてベッドの四隅に付いている手錠をつけられ動けなくなりました。
F『えっちょ、まって』
D『まぁまぁ、どうせ興奮してるんでしょ』
そして目隠しをしてきました。
C『この姿エロッ』
A『やる?』
といって一気に服を脱がされました。
D『Fちょう美乳。乳首ピンクだし』
目隠しされてるのでだれかわかりませんが、胸を触ってきました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2013年11月12日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校】ソフトなレズチックSM【校内射精】

私、『美奈代』が中学生の頃ですから7年前になります。
とても仲の良い友達がおりました。
名前を『法子』としておきます。
活発で明るく、男の子っぽい娘で、運動系クラブからの誘いすらある娘でした。寒い冬の夜だったのは覚えてます。
私の家は共働きで大抵は私1人ですごしてました。
法子がよく来てくれていましたし泊まる事もしばしばありましたが、両親も彼女のことを信頼していた為、
咎められる事はありませんでした(まあ小娘2人でなにか悪さもないとの判断でしたが)。夜に炬燵で録画しておいたBS放送を観ていた私達でした。
が、女性が緊縛されてもがくシーンを見た時、法子が「やってみよっか」と言い出したのです。
「な、何で?」
「だって美奈代ってよく1人で留守番だしさ。強盗とか入ってきたら縛られちゃうよきっと」
「いやいや、意味わかんないから」
「だから対処と慣れよ」
運動系の彼女に勝てるはずもなく、雑誌等を束ねるビニール紐で後ろ手に縛られちゃいました。
「ほどいてよ~」
足首まで縛られ、私は抵抗が出来なくされました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年11月3日 | エッチ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】合宿で…part1【校内射精】

私は特にその子の事を同性愛者だと思った事はないし、普通の友達だとおもってた…
(はぁ~みんな寝ちゃった…ヒマだなぁ~)
(もう私も寝よ♪)
布団に入った途端、
キィ…とドアの音が聞こえた。
やば、見回りの人?
すると、ギシッギシッと階段をのぼる音が聞こえた。
(えっ!?こっち来る!!)
ボフッ!!
(!?)
(誰…!?)
怖くて寝たふりをしていた。
…どうして私の上に覆い被さって…
スゥーと寝ている感じに息を吸うと、相手が寝ていると確認したのか私のパジャマのボタンを一つ一つ外していく…!
(嫌っ怖い!!)

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2013年11月2日 | エッチ体験談カテゴリー:学校での体験談

【浮気】W不倫の果て⑦相互観賞、SW体験【不倫】

恥部の脱毛・・・。
当時はネットも無く、脱毛をするためにはファッション雑誌などで調べる必要がありましたし、
一々電話で確認しなければなりませんでした。
Vラインの脱毛は既に流行ってましたが、Iラインも含めた全脱毛を引き受けるところを探すのは一苦労です。
東京のサロンでやっているという情報を聞き、合せて恥部へのピアスをしている所も東京にあったので、
併せて行く事にしました。
先に脱毛の相談をしたのですが、半年ほどかかるということだったので中止、
渋谷のヌーンと言うボディピアス専門店に言ってみました。
お店で話しを聞いてみると、乳首へのピアスが一番痛いらしく治りも遅いと言う事だったので、クリ、両ラビアだけする事にしました。
ピアスを選んで即実施、アッと言う間に終わりました。
剃毛した恥部は正面から割れ目が見え、クリ、ラビアを飾るピアスも卑猥に輝き丸見え、まさに雌奴隷そのものと言った感じになります。
一緒に暮らし毎日SEXしていると、流石に刺激が無くなってきます。
祥子は本屋で裏モノジャパンと言うアングラ雑誌を見つけてきました。
アブノーマルな事が一杯掲載されている胡散臭い雑誌です。
祥子はそこに書かれていた”グループSEX”や”相互観賞SEX”なる言葉に興味を持ち、

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2013年11月1日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】連れの彼女【熟女】

俺の連れの彼女は、めっちゃかわいい。
気立てもいいし、スタイルもいい。
俺たちのエロ話にも話を合わせてくるし、連れとのセックスの内容も
恥ずかしがらずに教えてくれる。
「○○はお尻にいれるの好きだから」とか
「お尻もまんざらでもない」とか
「お漏らししちゃうときある」とか
「こないだハメ撮りしちゃった」とか
「○○の前で一人エッチさせられるとか」
はっきりいってうらやましすぎる。
こんないい女とこんなことできるなんて、ある意味嫉妬心もありました。
「今度俺にも一回やらせてよ」っていうと
「彼氏と別れたらね。浮気はしない主義なんだよ」って
俺は連れには申し訳ないんだけど、別れないかなって祈ってた。
でも連れと彼女が婚約したというの聞かされて

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年10月31日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談
10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

このページの先頭へ