投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【友達】R太郎1【セフレ】

P見せ 投稿者:R太郎  投稿日:04月22日(木)00時54分26秒
健康を兼ねてプールに行っているのですが、私はそこでRせずとも、それに近い事
をしています。サイズSの水着で、袋ごとPを水着のサイドから水中でだし、半立
ちにしておきます。今日は、高校生と見られる3人の子がいたので、彼女らがあが
る少し前に出てしまい、暖房室で待ちます。もちろんPはB状態。水着もかなり上
まで上げて、まるでTフロント状態にします。彼女らが入ってきて、すぐに私の
水着に気づきました。私は、よく見せるために、座らずたちっぱなしです。彼女ら
も座らずに、私のそばにたって、身体をふいていました。でも、1人が吹き出し
て、「なんか、ストリップみたい」と小声でいいながら笑うと、他の2人も、ちら
ちらこちらを見ています。3人のうちの1人がすごくむちむちした身体で、それを
間近で見たために、なおさらPはビンビンじょうたい。棒と袋の形がくっきりで
す。目の前の子が「ちょっと・・・」といって笑います。でも、私は知らぬ不利し
て身体を拭きます。そして、パンツを拭き始めました。あらかじめ、紐はゆるめて
あったので、パンツのうえからぴょーんとPが顔を出しました。1人の子と眼が合
いました。「えっ!」と声を出しただけでしたが、部屋を先に出る時、「見た?

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2014年6月18日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【M男】露出狂のMとS 【被虐好き】

某非公認ゆるキャラの有名な市にある公園で実際にあった出来事。

俺の住むマンモス団地地域には、野球場からテニスコートといったスポーツ施設、桜林・松林のあるちょっとした公園がある。駅周辺の比較的栄えた地域と奥にある住宅地域を分断する形の公園で地理柄チョクチョク痴漢や事件の噂があって、夜に人が近づくことはまずない。

22時も過ぎると全く人が通らない。前述の噂もあり、俺自身あまりこの公園には近づかなかったんだが、ある日、酒を飲んで気が大きくなって散歩している最中にこの公園に立ち入り、案外明るいこと、自動販売機のたぐいがないのでタムロしてる奴らもいないことが特に気に入って、日頃好んで外に出ることのない俺の気分転換の日課になった。

東西はマンモス団地、北は野球場とテニスコート、南は桜と松林と、四方を囲まれているため、中心の公園には全く人が近づかない。時々酔っぱらいが通過する程度。稀にへべれけの女子が通過することもあったが触らぬ神に祟りなし。

ある日、ちょっと酒が入ってムラムラときていた。とはいえ、公衆便所でオナニーも芸がない。日頃から露出欲のあった俺は、ベンチに座り、ケータイを弄りながらチャックをおろし、ものを外に出した。外気が気持ちいい。実は、こういったことは初めてではない。この程度で満たされないのはわかっていた。どうせ誰も通らないのだ。満たされることはないので、だいたい1時間くらいヒヤヒヤを味わって公衆便所に行って一発抜いて満足して家に帰る。「今日は、このままベンチで抜いてみるか・・・」悪戯心が疼く。ギンギンになった息子をゆっくりと扱く。今までもこうだ。ある日突然露出し始めた訳じゃない。徐々にエスカレートしてここまできたのだ。最初は外には出さずにパンツをベトベトにした。次は公衆便所で抜いて、その後露出するようになった。でも誰に迷惑かける訳でもないし、罪の意識も、ドキドキもそんなに感じていなかった。

だが、その日は違った。不意に広場の入り口に感じる人の気配。

血の気が引く。今更ゴソゴソとしまっても怪しいだけ。股を閉じ携帯をみている振りをする。右前、距離は15mくらいをふらふらと通過する白い陰。ワンピースを着た女性のようだ。ちらっとみると、向こうもこちらを見ていたようだ、目が合いそうになるとふっと目を逸らす。バレたか…。視線をおろすとやはりこちらを見ているようだ。歩みを止めることはない。確実に俺のモノをみている。

初めて感じる背筋を走るゾクゾク感。ヤバい。みられてる。一度萎えかけた息子が再度起き上がる。無理して携帯に意識を集中する。表示されているのはホーム画面だ。ホーム画面を左右に振る。何の意味もない。彼女は少し歩みを早めたようだ。確実に気がつかれた。「通報される前にかえろう」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年6月18日 | エッチ体験談カテゴリー:M男の体験談

【友達】ゆりあ【セフレ】

はじめまして
最近こちらを拝見させて頂いています。見ているうちに私の恥ずかしい性癖、恥ずかしい体験を皆さんに知って欲しい・・・そう思い書き込みさせて頂いています。
私の露出体験は今から5年位前20歳頃から始まりました。最初はちょっといやらしい下着を付けミニのスカ−トをはいて外を歩く(もちろん人の少ない場所から)程度でしたが、回を重ねる毎に強い刺激(もっと恥ずかしいこと、ひょっとしたら人に見られたいかも?)を求めるようになってきました。夜、暗闇のなかで光る自動販売機の前で通る車に見えるようにスカ−トをめくったり、電車やホ−ムでブラウスのボタンをブラが見えるまで開けミニのスカ−トで寝たフリをして足を開いたり、人気のいない公園を全裸に近い姿で歩いたりしました。
そして一番刺激的だった体験、今でも思い出すと体中がとても熱くなります。
今から、半年位まえの事です。
仕事で神戸のビジネスホテルに泊まった日の事です。仕事を終え食事を済ませ夜の8時頃ホテルに入りました。フロントで鍵をもらいエレベ−タ−で3階に上がりました。エレベ−タ−の前にはソファ−が2脚置いてありその横に隠れるように少し奥ばった場所に自動販売機が置いてあるのを確認しました。部屋に入り鍵をかけた瞬間から露出したい衝動があふれだし、頭の中でいろいろな露出を想像しその気持ちを押さえることは出来ませんでした。
そして、考えがまとまりました。自分自身冷静を装いながらゆっくりと服を脱ぎ全裸になり鏡の前で自分の裸を見ました。顔が興奮で赤くなっているのが分かります、心臓はは飛び出しそうなくらい大きく鼓動していました。そしてバックの中からお気に入りの白のフリルの紐のショ−ツを取り出しそれだけ身にまといました。そして、財布から小銭を取り出し(自動販売機でジュ−スを買うという名目、言い訳)ゆっくりとショ−ツ一枚で部屋からでました。ガチャッ、次の瞬間凍りつきました、ドアはオ−トロックで当然開けることは出来ません。しかし、廊下に人はいませんし、ホテルに入ってから部屋に付くまでフロントの人にしか会っていませんでしたので、意を決してフロントに説明し鍵をもらいに行くことにしました。エレベ−タ−は使わず階段でフロントまで降りました。フロントには誰もおらず呼びベルを鳴らし胸を手で隠して係りの方が出て来るのを待ちました。緊張とどきどきでどうにかなりそうなとき係りの方が出てきました。60歳位の男性の方でしたが、事情を説明しようとしましたが自分でもびっくりするくらいの弱弱しい声しか出せませんでした。係りの方は以外にも普通に合鍵を渡してくれました。フロントには誰もいなかったのでエレベ−タ−で上がることにしました。エレベ−タ−にのり込んだ瞬間、走り音が聞こえ次の瞬間なんと男性(40歳位かな)が乗り込んできたのです。ドアが閉まると男性は着ていたス−ツを私にかけてくれ、どうしたのか心配する様子で話かけてきました。エレベ−タ−が3階に付くと男性も一緒におり部屋の前まで送ってくれました。部屋の前でお礼を告げドアを開けた瞬間背中を強く押され部屋の中に突き飛ばされました。ガチャッ。振り返ると男性も部屋の中で立ち私を見下ろして「お前、わざとだろ。」と言いました。恐ろしくて声にはならず。首を横に振ろうとしたのですが、私の意志とは反対に体は小さくうなずいていました。そのあとはベットに突き飛ばされ・・・・・・終わったあと、男性は着ていた物を急いで身に付け部屋から出て行きました。私はそのままベットで横たわっていました、しばらくしてガチャッとドアが開く音がしてあの男が入ってきました。男は合鍵を持って出て行っていたのです。手には浴衣の帯とマッサ−ジ機、小さなカバン(デジカメなどが入っていたようです)を持っていました。男は床に落ちていた私のショ−ツを口に詰め込み、浴衣の帯で腕を縛り目隠しをしたのです。
その後私は今まで当然体験したことのない、想像もしていなかった辱しめを朝まで受けました。(内容はまたいつか・・・)
写真も多くとられました、もし投稿写真で目隠しをされショ−ツを口に詰め込まれ、あそこの毛が剃られ、少し剃り傷がある子がいたら私かも知れません。
さすがに、この事件から露出はひかえていますが、またむずむずしてきていますので、露出したらまたご報告させて頂きますね。
私の恥ずかしい体験最後まで読んでくれてありがとう。
                              ゆりあ

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2014年6月17日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】憧れの清楚で優しい優子先輩が、男達3人に 【貸し出し】

僕には、憧れの先輩がいる。大学のサークルの、二つ上の優子先輩だ。大学に入学して、右も左もわからない僕に声をかけて、サークルに勧誘してくれた人だ。
サークルは、夏は海でサーフィンと山でクライミング、冬はスキー、スノボという、オールシーズンスポーツサークルみたいな感じだ。

遊んでいるような、リア充っぽい人ばかりのサークルで、僕はちょっと浮いているような気がしているが、優子先輩会いたさになんとかやめずにいた。

週末は色々と出かけたりすることが多いサークルだが、普段の日はとくに何もすることなく部室で雑談している。今時は部室のないサークルが多いけど、結構大きな部屋を使わせてもらっているので、いつ行っても誰かしらいる感じだ。

誰にもなかなか話しかけることも出来ずに、ポツンとしていることが多い僕だったけど、勧誘した責任感からか、優子先輩がよく話を振ってくれた。そうしているうちに、僕も皆と打ち解けることが出来て、友達と呼べる人間も出来た。

本当に、優子先輩には感謝しても仕切れないくらいで、いつしか感謝が憧れに変わっていった。

優子先輩は、桐谷美玲を垂れ目にして柔らかくした感じのルックスで、サークルの中でもアイドル的な存在だ。噂は色々と聞くが、特定の彼氏はいないようだ。
とは言っても、僕なんかでは絶対に付き合うことなど出来ないとわかっているので、見て楽しむだけという感じだ。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年6月16日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】夜の公園で・・・【セフレ】

今年の春の出来事を書きます。

俺(正和)、俺の彼女の恭子、俺と恭子の高校からの友達の夏美、
俺の大学の友達の宏の4人で居酒屋に飲みに行ったときのことです。(名前は全て仮名)
俺が夏美に宏を紹介してやろうということで4人で居酒屋で飲んでました。

夜も11時を回り、解散としました。
恭子の家まで送った後、俺と夏美は家の方向が一緒だったため、二人で帰りました。
今日の紹介の様子を聞きながらうまくいくといいなぁ〜・・と思いつつも
夏美の返答は良い人だけどタイプでは無いとの返答でした。

夏美の家の近くまで着いたとき
「ちょっと公園で酔い覚まして帰るからここでいいよ〜。ありがと〜」
と言って家の近くの大きめの公園に向かって歩き出しました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||

2014年6月15日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】無防備な母【セフレ】

今から5年程前の話になります。
僕は当時中学1年(13歳)でした。母は若くして僕を生んだので、当時32歳で
お前の母ちゃん若いなぁ!って友人に言われる事がありました。
顔は普通だったと思いますが、ぽっちゃり系の母の体は、胸が特に大きく友人には
”お前の母ちゃんのおっぱい凄ぇデカいなぁ・・・揉んでみたいよ”と言われる事もありました。夏休みも終わりに差し掛かり、学校行事の草取りの日がやってきました。
親子が一緒に早朝の学校に集まり校庭に生えた草を取ったり、花壇の手入れをするんです。
その日の朝は、朝から日が照り蒸し暑かったんです。私と母は、軍手を持ち学校へ向かいました。
学校には、多くの親子が並んでいます。私も友人を見つけ近寄って行きました。
校長先生の話とPTA会長の話が終わり、作業開始です。
私達は体育館周辺の草を取る事になり、母と一緒に異動し草を取り始めたんです。
間もなく、友人が近寄って来て”お前の母ちゃん、パンティ丸見えだなぁ”と言うのです。
3m位離れた母を見ると、スカート姿で屈みM字に開かれた股先には白いパンティが・・・。
朝は気にもしていませんでしたが、作業を行うと言うのに母はワンピース姿だったんです。
確かに他にもスカートで来ているお母さんは数人居ましたが、股を開いている人はいません。
前屈みになると、ノースリーブのワンピースの胸元から大きな胸が出て来そうでした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年6月12日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】学年のアイドルをホテルに連行【セフレ】

俺にも未だにズリネタにできるような昔話が3つある。

若いって素晴らしい。

暇だから語らせてくれ。

まず1つ目。

高1の夏、俺は完全に舞い上がっていた。

何をあんなに舞い上がっていたのか、今となってはわからない。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2014年6月12日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻の再就職Ⅴ【熟女】

3枚目のDVDを入れたのは、深夜1時を回っていました。
気になる私は、時間を忘れDVDをセットしました。
映像は、社長室でした。
妻は、社長が出勤すると直ぐに近づき、社長の元に膝まづきフェラをしていました。
チンポがギンギンになると、妻は机に手を付き社長にバックから入れられていました。
抜き終えると、社長は妻のマンコにローターをセットし、パンティを履かせていました。
仕事中も、社長は何かとローターのスイッチを入れ妻の動きを見て楽しんでいました。
来客が来ると、妻はコーヒーを出しお客さんの後ろ側に立っていました。
お客さんからは、見えない位置で社長が合図すると妻はスカートを捲り上げたり、胸を
露出させたりしていました。何も知らないお客は、社長と話を進めていました。
お客が帰ると直ぐに、妻は社長からバック攻撃を受け、中に出された精液が太股をタラ~っと垂れ落ちていました。
トイレで、拭き取った妻、一日中社長の玩具として働いている光景は、もう私の知る妻では
ありませんでした。もちろんビデオを見ている私ですら、妻を見ていると言うより、アダルトビデオを見ている
感覚でしたから・・・。
3枚目は、こんな感じで昼の妻が映し出され、残業時間も同じ様な事をされ続けている妻でした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年6月11日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】野郎ばかり5人で温泉【セフレ】

本当に本当話だよ。
ごく最近の連休を利用して温泉に逝ったんだよね。野郎ばかり5人だったんで混浴にしようってなって、
北関東のとある旅館にしたんだよ。
「洞窟風呂」やら「五右衛門風呂」やらいろいろ有ってドキドキしながら逝ったんだけど、実はそこ海パン必着でやんの。
で、ブツブツ言いながら呑んでたんだけど日付が変わる頃一人が(眼鏡をかけてたので以下メガネ)「納得いかん、もう一度入る」
って言うんで、こいつともう一人(じゃあこいつはアゴ)の3人で風呂に逝ったんだよ。そしたら「外湯は消灯時間です」
って書いてあって真っ暗。若い俺たちにゃチャンスと思ったね、フルチンになって梅酒を持って外湯に出たよ。
真っ暗闇かと思ったんだけど、危険防止のためか所々街灯みたいな明かりがついてた。特に大きな滝のある
川沿いはまだ普通に明るかったんで其処にお盆浮かべて呑んでた。その時だよ、内湯から俺たちのいるエリアに
続く坂を裸の女の子がペタペタペターと降りてきた。背合わせ状態だったメガネも俺の「おい」で気づいた。
その子はそのまま滝の脇の洞窟風呂の中に入ってった。「女だ」「裸だったぞ」「宿の娘かも」「中に男が
いるんじゃねー」………。女の子は10分くらいで出てきたよ。一本筋、膨らみかけの胸、顔は「猫の恩返し」
の「ハル」似(後本人談)。俺たちに気づいて目が合った途端、こぶしをグーにしてアソコを隠す仕草がまた萌えー、だった。
「そっちは真っ暗だよ」俺は口から出任せを言っちゃった。小走りで通り抜けようとしていた
女の子が「えっ」って感じで振り向く。メガネとアゴもエッって感じだったけどすぐに趣旨を

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年6月11日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【看護婦】エっロい看護婦釣ったったー 【白衣】

今出会い系と聞けばおそらくほとんどの人がサクラなどの詐欺的なことを想像するでしょうが、

一昔前のまだ年齢制限など無かった頃は業者などが入り込む隙間も無いくらい多くの人が利用し、

また実際に出会えていました。

スタビ、フリーペ、エキサイト、Mコミュ…

今思えばまさに出会い系の黄金時代と言っても過言では無かったでしょう。

いつからか暗く、陰湿なイメージが強くなった出会い系ではありますが、

昔はそれなりに可愛い子が普通に出会いを求めて使うといったことも多々ありました。

高校生でも普通に使えましたしね。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年6月10日 | エッチ体験談カテゴリー:看護婦との体験談

このページの先頭へ