投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【人妻】妻の疑惑【熟女】

妻は32歳。結婚して6年で子供はいない。
夜の行為は確かに回数が減ってしまっていたが、それなりに平和な結婚生活だった。
しかし半年程前に妻が絵画教室に通うようになってからおかしくなった。
その教室は週に一回自分で予約を入れて通うスタイルだったのだが
2か月前ぐらいから妻は予約を金曜か土曜の夜の部に入れるようになったのだ。
そしてとうとう絵画教室の後にメンバーで食事をするからと、帰りが遅くなるようになった。
おかしいなと思い始めたこの2週間前にある場面に遭遇した。
金曜の夜に妻は絵画教室で帰りが遅くなるということだったので
1人で食事をして家にいたのだが、たばこが切れてしまい深夜12時ごろに近所のコンビニに歩いて買いに出た。
我が家はマンションでその日は歩いてコンビニに行くのにエントランスを出てすぐの垣根の間をすり抜けて近道したのだが
その垣根越しにマンションの来客用の駐車場に止まっている車になんとなく目が行った。
ワゴンタイプの車で運転席にも助手席にも誰もいないように見えたが、すぐに助手席の方で誰かが起き上がった。
シートを倒している体制から起き上がった感じだった。
垣根の隙間からじっくり見た。間違いない妻だ。
残念ながら運転席に人の姿はないが起き上がった妻が何か喋っている感じだったので誰かが寝ているのだろう。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年3月8日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】仕組まれた温泉旅行【熟女】

妻の友達家族といった温泉旅行の話をします。
妻”ミユキ”は最近スイミングスクールに通い始め、誘われたのはそこで友達になったご夫婦からだそうです。
妻の話だと以前から温泉旅行は数家族で行ってるみたいで、当番制で1家族が子供達の面倒を残ってみて温泉旅行に行くのは残りの家族で夫婦水入らずというものでした。
私達家族は初参加という事でもあり、居残り組みから外され、久しぶりの夫婦旅行という事もあり参加をOKしました。
温泉に着くと早速露天風呂に向かいました。
この頃になると旦那さんたちともすっかり打ち解けて、お互いの仕事の話や妻との馴れ初めの話をするようになりました。
湯船につかりながらF氏がしきりに妻のことを褒めています。
「奥さん、美人ですよね。うらやましいなぁ」
「そんなことないですよ。もう三十路ですし、Fさんの奥さんこそ可愛いじゃないですか」
「それはないな(笑)・・・ところで話は変りますが・・」
「・・奥さん一筋なんですか?」
「そんな当たり前ですよ」
「じゃあ、奥さんは?」
「妻も浮気はしたことないと思いますよ」
F氏の突拍子もない質問の意図がわからずにキョトンとしている私にF氏はさらに話を続けました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月7日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】悪友に堕ちた妻【熟女】

ふと見た寝取られサイトで、私の中にあるM性に火がつき、自然に寝取られ願望を持つ様になった私でした。
良妻賢母で真面目な妻みき(43)にその様な話をしても、100%無理だと思った私は、その思いを抑え切れず幼なじみで悪友の琢磨(45)にその思いを相談、琢磨に妻を誘惑してもらう事にしました。
さすが遊び人の琢磨、寝取られや複数、露出やSMといった色んな世界がある事をよく知っていて、私の話を快諾してくれました。
寝取ってエロい女にしたらいいんだな、任してくれと自信たっぷり返事をする琢磨に、うちのみきはそんな簡単に堕ちないぞ言い、もし堕ちた時は全て報告してくれる事、出来れば写真とか撮ってくれたら嬉しと話すと、全てOKだと言い、余りに簡単に言うので本当に大丈夫かなと一抹の不安を抱きながら、サーファーで今でも遊び人でもある琢磨は見た目も若く、琢磨なら妻ももしかして誘惑に乗るかもという期待もありました。妻は真矢みきによく似ており、知り合いからも言われますし、ナンパされることも多いと聞いています。「おまえの奥さん、真矢みきにそっくり。いいなあ、抱きたいよ。」と友人からうらやましがられることが、何度もあります。そういう話をすると、潔癖な妻は怒り出します。「女として見られるのが嫌だわ」と。男は私以外に知らないと思います。とても若く見えるらしくて、実年齢を言うと、驚かれます。
琢磨に依頼したその時点での私の期待度は5%位でした。妻の貞操観念が強いですから。
二人の出会いは偶然を装う為、妻が通ってる町営のスポーツジムに琢磨を行かせ、その場で徐々にふたりが仲良くなるという作戦を練りました。
妻がスポーツジムに行くのは平日の昼間の決まった時間で、子供を保育園に預け家の用事をしてから、毎日2~3時間汗を流しています。
不動産屋の息子でボンボンの琢磨は、昼間も自由が効き、妻のその時間に合わせて行ってくれると言い、琢磨が行ったと思える初日、私は昼前からドキドキし、仕事がとても長く感じました。
そしてその夜、仕事を終えて私が帰宅すると、早速妻が琢磨の話をして来ました。
『ねぇねぇ今日ね、ジム行ったらパパの友達の誰だっけあの人…あの不動産屋さんの…』
『琢磨?』
『そうそう、あの琢磨さんって人も来てたよ、何か前から通ってるんだって』
『ふ~んそれで?』
『うん?それだけ』
それだけかよってツッコミたくなりましたが、よくよく聞くとこの日は挨拶し、ひと言ふた言話をしただけで終わったみたいでした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月7日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】本当の妻【熟女】

妻と二人で喫茶店を営んでいます。
ある日、定休日に店へ行き奥の事務所で仕事をしていると、裏口の鍵を開ける音と妻の声がした。
声をかけようとした瞬間、男の声が。
『わざわざ来てやったんだから、たっぷりサービスしろよ。』
妻の不倫現場に遭遇してしまったことに気付いた私は、とっさに事務所のカーテンに身を隠し、隙間から覗くと、そこには見たことのない妻の姿がありました。
濃い目の化粧、胸の谷間が露出した服、お尻の膨らみが見えそうなミニスカート!
男は椅子に腰掛け煙草に火をつけた。
妻は彼にアイスコーヒーを出すと、男の隣へ腰掛け男の股間に手をやった。
『コーヒー飲む間、しゃぶらせてください。』
そう言って、男のベルトを外しジーンズと下着を下ろすと、男の両脚の間に跪き、既に大きくなったモノを両手で握り愛おしそうに先端部へキスをした。
私は自分の目と耳を疑った。
私が要求しても拒んでいたフェラチオを、自分からねだっている。
時折『Yさん(その男)のチ〇ボ美味しい。』とか『Yさんの太くて大っきいチ〇ボが好き。』などと言いながら一心不乱に舐めたり咥えたりしている妻の姿はAV以上のリアリティがあり、性奴隷そのものだった。
10分?20分が経ち、呆然としている私の耳にトドメをさす言葉が入ってきた。
『ザー〇ン飲ませてください。』

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年3月5日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻のパンツ【熟女】

私、市役所勤めの47歳。
妻、有紀は46歳で、今春から調剤薬局でパートをしています。
子供は男の子二人で、共に大学生で家を出ています。
セックスレス4年くらい?
寝室も最近別。
私なりには、外で少しは刺激のある生活をしているつもりですが、何しろ我が家には色気がない。
薬剤師の妻は、何しろ清潔好き。
私は女好き。
子供たちが家を出て、気付いたのが色気のない妻の下着。
子供たちがいなくなり、物干しには私と妻の物だけ。
妻のショーツなど、ベージュ色でショーツというよりデカパンと言った方がいいくらい。
ここのサイトを見ていると、奥様が浮気をすると下着に変化があるとか。
我が家は、全くの期待なし。なんて思っていた矢先、少し変化が。
8月の初め頃から、白いショーツが物干しに。
Tバックじゃないけど、少し小さめ、それに少しお飾りのレースが。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月5日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】侵姦コンパ【貸し出し】

「あぁっ、ぁんっ、ぁぁあぁぁあっ」
「マジでカワイイな、オマエ。反応もイイしよ。今年の新入生初めてのアタリだぜ」
「はぁっ、ぁあぁんっ、ぁはぁぁあっ」
――ナンダ、コレハ。
酩酊した脳が、突然の状況に明確な答えを弾き出せない。まるで電池の切れかけた電卓の様に、バラバラの思考が脳内に浮かんでは消える

聞こえて来る声。その持ち主は間違える筈もない、僕の彼女。今時の学生にしては珍しい黒髪ロングの、僕の彼女。一緒の大学を目指して
頑張って合格した、僕の彼女。今日も新歓コンパに一緒に参加した、僕の彼女。
周りの友人からも羨ましがられる清純派の――そうだ、僕の彼女だ。
「あーヤベ、きもちイイ」
「はぁぁあんっ、ダメっ、激しいですセンパイっ」
セン、パイ?
――おい。おかしいだろ?なんでセンパイ、いや、コイツは僕の彼女とセックスをしてるんだ!?おかしいだろ!!
レイプか?だとすれば、いや、だとしなくても絶対に許さない。センパイであっても関係ない。僕はコイツは許さない。コイツをボコボコ
に殴って、彼女を――

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2014年3月5日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【人妻】妻が元彼と。。詳しく再現【熟女】

僕28歳は結婚しているのですが、僕の容姿とはバランスが取れないような自慢の嫁25歳が居ます。
出合いは職場ですが、社内では僕がド変態と言う事を知っているのは極わずかで、仕事面だけ見れば、出世もしてますし、収入もあるので、顔がブサイクでも結婚の対象になっていたのだと思います。
自慢では無いのですが、口は達者な方ですので、何とか結婚に漕ぎ着けた!と言う所です。
妻は800人以上いる社員の中でも、トップクラスに可愛かったので、結婚が決まった時は変態仲間から「ハメ撮りしたら売ってくれ」とか「使用済みのパンツやパンストをくれ!」とか散々言われました。
でも僕は、妻とは普通のプレイしかしていませんでした。
やはり結婚したとは言え、逃げられるかもしれないと言う不安も有り、慎重に考えていました。
妻は名前が「瑞穂」と言って、大人しい性格のお嬢様タイプです。
育ちが良い女の体は、毛の生え方から、肌の質感、脚の長さや、腰の括れの付き方など、全部が違いました。
スタイル抜群です、僕は絶対に逃がしたく無かったので、しばらくは最良の夫を演じていました。
そして少しずつ、僕の世界へ引き込んでやろうと計画をしていました。
そんなお嬢様の妻に遠慮しながら2年程が過ぎて、僕はドンドン変態プレイをさせるようになっていました。
瑞穂も恥ずかしがりながら、一生懸命に僕に合わせようと頑張っているようでした。
変態プレイをはじめて何ケ月か過ぎた時に、ふと瑞穂の昔の男関係が知りたくなりました。
結婚する前は、小さい男と思われるのが嫌で、過去の男関係は一切聞きませんでした。
瑞穂の経験人数も、一度聞いたのですが、顔を真っ赤にして黙っている姿が可愛くて、大人ぶって深く聞きませんでした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月1日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】母を眠らせて【熟女】

今から5年前位の話です
僕は中学2年で母が40歳の時で 当時母は父と離婚の話を進めていて美容師の母は仕事でも家庭でも休む事が出来ずに頑張っている時でした
母は身長があって中肉で背中の真ん中位まで髪が長く美容師なので何時も綺麗にしていて街に出かけると周りのおじさんの視線が少し自慢でした 悪友には「お前のかあちゃんのパンツ見せろよ!」ってよくせがまれたりしてました
父は営業職で家を空ける時が多く母は「なかなか離婚の話が進まなくやんなっちゃう!」っと夕飯時に言っていました
ある日母の帰りが遅く23時位になっても帰らないので母の携帯に電話をしようか迷っていると ピンポン! っと玄関のチャイムが鳴りドアを開けると帽子をかぶったおじさんが立っていました よく見るとタクシーの運転手さんで「すみません!お客さんがここが家だと言っているんですが泥酔していてご家族の方か確認していただけますか?」っと言ってきたので車の中を見てみると母が後ろの席で窓に頭をもたれて寝ていました 「母に間違いないです」「申し訳ないが降ろすの手伝っていただけますか?」運転手と2人で泥酔している母を何とか玄関まで入れて料金を母のバックから財布だして支払い運転手さんに話を聞くと「繁華街で会社の同僚らしき人たちに酔いつぶれているからよろしく!」と家の当たりまで来て何とか母をおこしやっとここにたどり着いたとのことでした ドアを閉めて母を見ると薄いブルーのワンピースに肌色のストッキングを穿いた太ももが人の字みたいに横たわって見えて長い髪も顔にかかって真っ赤染まった頬だけ見えて僕は母と言うより肉の塊に見えてドキ!っとしました
「そんな所に寝てると風邪ひくよ!」「おきなよ!」っと話しかけても身体をゆざぶっても反応が無いので何とかリビングに引きずり込みソファーに寝かせました ソファーで寝ている母を上から眺めると女性にしてはデカイよな。。。友達の母親は太っていたりチビで歳相応に見えるのに母はとても40歳には見えないな。。。 今まで友達におまえの母親は美人だとかパンツ見せろとか言われてもピンとこなかったけど女として見てみると。。。「ねえねえ腹へったよ夕飯作らないならコンビニ行くよ!」っとわざと強めに母を揺さぶってみましたが「うん~」っと気持ち悪げに喘ぐだけでおきるようすが。。。前に友達が「おまえのかあちゃんいい匂いがするんだろうな~」って言われたの思い出して。。。母を調べる事にしました!
ソファーの前のテーブルをカーペットと一緒に引っ張り母の横たわる所にスペースを作り母の横に座り もう一度母を揺さぶりおきない事を確認してから母をしみじみ診始めました 肌色のストッキングを穿いた脚は針で刺せばパン!っという音で破裂するする位パンパンで寝ているからかなり太く診え脛は逆に骨っぽく見えて顔を近づけて診ると少し産毛がみえて脛にはもう少し濃い毛が数本生えていて「母も毛が脚に生えてるんだ!」っと当たり前だけどドキドキしました 手のひらで脚をそっと撫でると熱い位の体温と柔らかさに初めての女性の質感に僕の股間に血が集まり始めてもうそれだけで射精感が込み上げてきました ワンピースを少しづつたくし上げ太ももを全て露わにして今度は匂いを嗅いでみました つま先に鼻を近づけ嗅いでみると納豆みたいなすえた臭いにおもわず咽てしまいました 周りに綺麗だと言われる母もおやじの足みたいな臭いがする事にワクワクして今度は鼻の穴に親指が入る位近づけ臭いをかいでみるとここに寝ている母がやらしい身体をした女にしか見えなくなりました
気が付くとストッキングに唾液が滲み出る位母の脚を舐めまわしていました 足の指、脛、太もも。。。大胆になって行く自分が不思議で気づかれても酔って寝たから着替えたんだ!っと言い訳をすれば大丈夫だろうと思ってました
ワンピースを脱がそうと母の背中のファスナーを下し始めた時に玄関に音がして?父が帰ってきた!慌てて近くにあったひざ掛けを母に掛けて母から距離を取ってテレビの電源を入れて父を迎え入れました 「なんか酔いつぶれて寝てるんだ」っと父を誤魔化し後はよろしくと父に言って自分の部屋に行きました。。。
部屋で自慰をしながら後悔しました「もっと早く母の全てを診れば良かった。。。あんな酔って帰って来る事はめったに無いし!」
もう母の身体を悪戯しないと我慢できないと射精しなが強く思いました
翌日学校で友人に昨夜の出来事を話してみたら「オレに良い考えがあるから今日お前の家に遊びに行くよ!」っと言われました
続きはまた!

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年2月28日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】元トラック運転手妻の過去【熟女】

 数年前子供ができるまで長距離トラックの運転手をしていた私の妻は本当にHが好きで帰ってくると
必ずと言っていいほど毎度しました。
そんなある日、夜中に突然携帯に電話がかかってきました。
何事かと思い、見てみると妻からでした。電話に出ると電話の向こう側から
「あ〜ん、あなたぁ〜ご、ごめんなさぁん・・・・いんぅ」
どこか猫なで声だけど、確かに妻の声が聞こえました。
「どうした!なにがあったんだ!」
私が懸命に聞いても「あ〜ん」だととか「もう、だめ〜」と言う声しか聞こえません。
一旦電話の向こうが静かになったかと思うと、聞いたことがない男の声が聞こえてきました。
「どうもすいません。旦那さんですか?」
「は、はい」
「今、奥さんちょっと酔っ払ってるんですよ〜。私たちのチ〇ポに」
思いもかけない単語が耳に入ってきた。
とても信じられませんでした。
「はぁ?」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年2月28日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】切実なる意見【熟女】

以前、寝取られ物語.txtはコピーであるとありましたが、どこのサイトに投稿があったのですか?元が知りたいです。
それと原作者(元々の投稿者)の方、どこかでこのサイトを見ておられたら、是非もう一度最初から全貌を投稿して頂けませんか?
世の中に寝取られマゾはたくさんいて、期待している方もファンも多いと思います。
気を取り直して、是非もう一度お願い致します。
あなたのファン 大場&玲子の大ファンより

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月27日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ