投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【友達】悲惨な業界舞台裏 O・Mの笑顔の裏【セフレ】

もはや昔の事だけど。
消費者金融の業界でかつて、O・Mの裏ネームは『駅弁』。CM出演のための肉弾接待では、スレンダーな彼女を業界幹部達は、駅弁ファックを強要。マ○コ駅弁、ア○ル駅弁、駅弁フェラ…挙げ句の果てに駅弁脱糞まで…。
吉岡美穂同様、昔からO・MのCM起用は肉体営業のたまものだなんて陰口をたたかれていたが、本当の事。
タレントが気に入らなければ、すぐに降ろすことだって可能だから、起用してもらいたいタレントは、躍起になって肉体営業をかけてくる。
O・Mの場合は事務所の方針みたいだった。具体的には・・・
O・Mの場合はスポンサー役員の間から「駅弁」と呼ばれていたんだ。
O・Mは結構アクロバティックな体位が上手で、フェラも駅弁の状態でやってくれる。
当然アナルも開発済みで、駅弁で両方の穴を利用できる。
CM撮影の合間の肉体営業は制服姿だからまさに、コスプレ状態だったそうだ。どこかのスポンサーなどは他社のCM撮影現場にまで駆けつけて楽しんだそうだ。
お偉いさんは「彼女の肉体営業は本当にスゴイ。接待してもらおうと、全然関係ない現場に来るスケベオヤジたちを軽くあしらっています。控え室に2人で入って出てきたと思ったら衣装の水着に白い白濁の液体の跡があったことは有名な話」と言ってたよ。
華奢な身体に鞭打って肉体営業を続けるO・M、あの人懐っこい笑顔の裏には、
まさに身体をはった努力があったんだよ。
なんでこんな事を知っているかはえらいお偉いさんにまわしてもらったから。
さすがに飽きがきたみたい。実際に今はたいした人気がないだろ。
いろんな男に抱かれているからプレミアなんてないしね。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年8月7日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】家庭教師先の母親に【セフレ】

中学受験勉強中の6年生の直人の家庭教師をしていたときのこと、早熟な直人をそそのかし、性的な興味を30代なかばの美貌の母親、由里子に向けさせました。直人は、他の男の子もやってもらっていると、母親にフェラを要望させ、由里子も仕方なく、密かにとうとう応じた後のことでした。もちろん、入れ知恵したのは私です。その話を、由里子に切り出し、脅してから夫婦のベッドで、夫以外の男を知らなかった由里子の貞操を奪うのは難しいことでありませんでした。それから約5年、私の奴隷であった由里子は一度、私の子を妊娠してしまい、家族に内緒でおろす手術をうけました。

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年8月7日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】ついにばれた【熟女】

十年間続いていた彼女との関係が、ついに妻の知るところとなった。それは北京から帰った夜だった。それから苦悩の日が続いた。それは日記に綴られていた。
十月二十日(日)
中国で一週間の用務を終えて、北京空港十四時十六分に離陸した全日空機は大阪空港に十八時八分に着陸、新幹線に乗り継いで二十一時五十一分にH駅に着いた。H駅には妻が車で迎えに来てくれていた。
その妻が帰る車の中で、
「…話しそうか…どうしようか…」 と口ごもって言った。
「なんだい…。話してごらん…」 と云うと妻は話しにくい様子だったが、おもむろに
「あなたが出かけて三日目の夜、おかしな電話があつたのよ…」 と云った。
「どんな電話だったの…」 と聞くと、妻は
「あなたが、浮気をしている…、という電話だった」 という。
「うそ…、そんなことはない…。誰かの中傷だろう…。」
「貴方に限って、そんなことはないと思うが、でも、気になるの…」
「どんな内容の電話だったの…」 と聞くと妻は
「貴方が、仕事が終わってから、バスタ−ミナルで待ち合わせしているとか…、本屋で立ち読みして待ち合わせしているとか…、度々、喫茶店や居酒屋で飲んでいるとか…、駅裏路地のホテルに入って行くのを見たとか…、相手とはかなり親しい間柄に見えたとか…、どうも職場の女性のようだったとか…、などと云われた。それ、ほんとう … ?」
電話の内容には、確かに心当たりのことが多かった。
ついに浮気がばれたと思った。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月7日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】★M的男向けの画像特集←ばーか【セフレ】

おまえ何しにここに無駄な落書きしとんじゃ・・・・
他行けや!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
邪魔くさい・・・・・
                                                                                                                                                                                                                                                            ・・

エッチ体験談検索用タグ



2014年8月7日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】パチスロ【セフレ】

今日、エヴァで三千円入れて六万買ったから、一万くらい賭けてジャグラーを打とうしたら良い台発見!
打ったら、五千円使ったところでペカって二箱積みました。
そしたら、隣の隣で彼女っぽい女と話しながら打ってた男が、ガンつけてきてシカトしたら何故か女の方が来た。
「出てますね!すご〜い!」
なんだ、ただの野次馬か。これぐらいですごいって言ってる所からすると初心者だな。
って思いながらシカトしてた。
そしたら女が、
「ウチ、今日二万負けちゃって、お金ないんですよ。だから、少し…ね?」
と言って肩に胸を押し付けてきた。
「やめてくんないかな?邪魔なんだけど。」
男と一緒じゃなかったら一箱くらいあげてたけど、完璧なんちゃって美人局だと思ったから、肩で押し返したら彼氏のほうが、
「おい何やってんだテメェ!!」
って言って絡んできた。
すぐさまコールボタンを押して、店員を呼んだら逃げて行ったけど、換金所を出たら待ち構えててまた絡んできた。
マジでムカついたから、一緒に来た友達5人を呼んで男をボコった後に車で拉致った。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|

2014年8月6日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻と部下【熟女】

リアルな話をさせていただきますと、よく寝取られる現場に直面しながら寝取った相手を 殴れないのはヘタレだとか復習しろと言う話を耳にしますが、そういう現場を目の当たりにしたら
普通はできませんよ。固まります。
私の経験で申し上げれば、まず例えば彼女があやまちをおかしそうになっていたとして、
相手に体を触らせるにとどまるのか、それとも最後までやってしまうのかそれを確認しないと
行動には移せないです。 私の場合は45歳の妻が自宅で部下(35歳)とあやまちをおかす現場を目の当たりにしたわけですが、
事のなりゆきを確認していて、あの時いったいどの次点でストップをかけるべきだったのか
思い返しても、いまだにその答えを見いだせずにいます。
仮に挿入に至る以前で「お前らふざけるな!」と現場に立ち入ったとして、
その後私は妻に対してずっとあの時ストップをかけなかったらお妻は挿入を許していたはずと
悶々としつづけたでしょうし、結局のところ最後までするのかしないのかというのは、
その後の私と妻の関係の間で大きな意味をもってくるわけですから、止めずに見届けた事に
関しては僕はよかったんだと今でも思っています。 ただ寝取られに異様に興奮するという方々がここにも大勢いらっしゃるようですが、体験してみて
はじめて分かりましたが、私自身もあれほど性的に興奮を覚えた事はありませんでした。
体が震えてガクガクするほどにショックを受けているのに私のペニスはいままでにないぐらいに
脈打っていて今にも射精してしまいそうなほどでした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月6日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】実は妻はエロかった【熟女】

僕は31歳。妻は32歳。妻は清楚で、巨乳のEカップ。顔は小泉今日子に似ています。
この夏、妻の実家に帰省しました。
毎度の事ですが、最近妙に艶っぽくなった妻に『夕方から同窓会行って来るから、子ども宜しくね♪』と頼まれ、『わかった。エッチな、お土産宜しくな♪』『はい、はい。楽しみにね』と、僕の寝とられフェチを理解してくれてる妻は、毎回帰ってくると『孝くんとずっと一緒だったけど、何も無かったよ。今度は少し色気出してみるわ』のような話で、あまり興奮させてくれません。やっぱり妻は、清楚で真面目な女なのかな。しかし、今回は違っていました。深夜0時を回っても、帰って来ません。『いまどこ』とメールしました。
妻『今から、バーに行くとこ』
僕『誰と♪』
妻『男2女2で』
僕『孝くんも?』
妻『いるよ♪』
僕『大丈夫なの?』
のメールを最後に妻の携帯が圏外になりました。それから2時間経ちました。
妻からメールが来ました。
妻『今から帰ります。楽しみに待っててね』極度の興奮で一度抜いてしまいました。
暑いのでビール片手に、外で妻の帰りを待っていると、一台の高級車が家の近くの空地に止まりました。
まさかあれじゃないよなと、そっと近くまで行くと、妻と孝くんでした。
二人はなぜか手を握っています。焦りました。もう出てくるだろと、隠れていましたが、一向に降りてくる気配がありません。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年8月5日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】妹の同級生の従妹に【セフレ】

今からだいたい5年くらい前だったかな?
当時僕は妹の同級生の女の子達とよく遊んでいました。そのなかにたまに来る夕夏ちゃん(当時小1)がちょっとポッチャリでかわいい子でした。
何回も遊ぶ内に仲良くなり二人だけで遊ぶことも多くなりました僕も性に目覚めたばかりっだったので女の子の身体に興味心身でした。(笑)
そして僕は夕夏ちゃんに悪戯したいと思うようになりましたがその日が来るのは早かったでした。
あくる日僕はいつもより荷物を沢山持ち出して夕夏ちゃんを人気の無いとこまで連れ出しました。そして荷物の中から偶々廃棄される予定の袋に入っていたコスプレ衣装を出しました(まだぜんぜんキレイだった)夕夏ちゃんにコスプレ衣装を着てくれと頼むと「恥ずかしいから見ないでね」といい着替えてくれました。
勿論着替えは見ました。
夕夏ちゃんはシャツとズボンを脱ぎパンツ姿になったら某美少女戦士の衣装を着始めました。
着替え終わったら「お兄ちゃんもう良いよ~」と呼んでくれたので近くに行き優しく抱きつきました。
しかし衣装の着方を間違っていたので「ダメだよ、夕夏ちゃん。これはパンツも脱いでお股でボタンを止めないと」といいスカートの裾をめくりあげ僕の手でパンツを脱がせました。
その時見た夕夏ちゃんのおまんこはとても小さく本当にちんこが入るか心配でした。
ボタンを止めたあとは夕夏ちゃんがはしゃいでいたので携帯で何枚か写真を撮りビデオでも録画しました。僕は興奮が抑えられないので夕夏ちゃんを少し深い段差の場所に敷いた毛布に座らせて僕は正面から立ちズボンを脱ぎました。夕夏ちゃんは不思議そうにしていましたが僕は衣装の股の部分を横にずらしてちんこをおまんこに擦り付けました。
小1のおまんこはとても気持ちよく入口で亀頭をあてがい膣内に精子を出しました。
しかし中学生の性欲は治まるわけもなくそのまま無理矢理子宮口を少し開けながら根本まで全部挿れました。
もちろん夕夏ちゃんは痛みに耐えきる体力も無いので気絶してしまいました。
僕はここぞとばかりに腰を突きいれ計四回ほど精液を流し入れました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月5日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻の輪姦をアレンジした【熟女】

40代の夫婦です。私は以前から妻を他人に抱かせたいとの願望がありました。
子供も独立し、再び2人の生活になったので実行しました。
そこまでには、いろいろあったのですが長くなるので書きません。
相手に選んだのは甥のT君、大学生です。甥ですので身元はしっかりしていますし、あとくされもないでしょう。
最初は私との3Pだったのですが、やがて私を除いて妻と2人でするようになりました。
私も妻を貸し出すだけで興奮します。
妻は私にしないこともT君に命じられたら、何でもするようです。妻は言いませんが、彼からの報告でわかっています。
顔や口への射精はもちろんのことアナルやフィストファックもさせています。彼はコンドームをきらいますので最後は顔、口、肛門のいずれかを妻に選ばせてお願いさせるのだそうです。お願いのないときは中出しします。これは危険なので妻には、必ずお願いするようにいってあります。
服装も変わりました。彼から呼び出しを受けると必ず黒のガーターストッキングで濃い化粧をするのでわかります。かれの好みはタイトミニのスカートですので、年甲斐のないスカートも増えました。
そんな彼が大学の友人たちと妻を輪姦したいと言ってきました。10人程度は集まるそうです。
私は考えましたが、輪姦される妻を創造すると興奮してしまい妻の了解も得ないで承諾しました。
彼は有人たちに何でもさせる「公衆精液便所ばばぁ」(彼の言葉どおり)がいるから集まって遊ぼうと呼びかけているようです。私のことは妻を貸し出してよろこんでいる変態おやじといっています。
まったくそのとおりなので、しかたありません。
まもなく、その日がきます。T君は場所探しなどをしているようです。
妻はなにも知りません。その日、いつものようにT君とのプレイのつもりで出かけて、10人の若者に輪姦されるのです。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年8月4日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】昔の女友達からの電話【セフレ】

45歳の男性です。
つい最近のことですが、25年も前にほんとに一時期付き合っていた
(といっても御茶飲んだり、どこかに出かける程度のデートをするくらいで
キスもしたことがない程度のおつきあい)女性から突然電話をもらいました
あまりも突然で、なおかつ自宅の電話にかかってきたものですから、
結婚して名前も変わっており、誰かもわわからずに電話をとりました
「B子です。」それでもわからず
私「すみません、思い当たる御名前が思い浮かばないのですが・・・」
B「忘れたんですか、ひどい人ね旧姓〇〇B子です」
私「あ、お久し振りです。また、いったいどうしたの?」
B 「大事なことをお聞きしたくって、一度、お逢いしたんです」
私「へ~、それはいいけど、二十数年ぶりじゃないですか」
B「25年ぶりです。いろいろ気になることもあって、はっきりお訊きたいのです」
私「いいけど」
ということで、一度久しぶりに遭うことになりました

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||

2014年8月4日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ