投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【先生】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった 【生徒】

大学近くのカフェで、千佳は目の前にあるカプチーノの泡をクルクルとスプーンで回しながら困惑した表情を浮かべていた。

尚子 「ねっ!お願い!千佳しか頼める人いないのよ。」

千佳 「でもぉ……家庭教師なんて私……。」

尚子 「大丈夫よ、千佳は人に勉強教えるの得意でしょ。ほら、前に私に教えてくれた時、凄く分かり易かったし。」

千佳 「ん〜……でもなぁ……」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年12月6日 | エッチ体験談カテゴリー:先生との体験談

【レイプ】バイト先の男達に… 【強姦】

某大学の食堂…二人の女子大生がいつものように窓際の席に座ってランチセットを食べながら話をしていた。

「今日のお米なんか固いなぁ、結と同じそばにすればよかったなぁ」

「あ〜あのおばちゃんが作る日はお米固いよね(笑)」

長谷川結と山本和美、2人は大学一年からの親友だ。

「それよりさ、結にちょっと聞きたい事あるんだけど。」

「ん?なに?」

「あのさぁ結ってさぁ…今まで誰とも付き合ったことないんでしょ?男に興味ないの?」

二人は普段あまり恋愛の話はしないがこの日は和美が恋愛の話を切り出してきた

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年11月29日 | エッチ体験談カテゴリー:レイプの体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 7 【貸し出し】

54

富田 「じゃあ果歩ちゃん、俺の首に腕をかけて・・・そう・・・。」

ソファの上で正上位の体位で繋がっている2人。

上半身を近づけた富田の指示通り、果歩は富田の首に腕をかけて、富田に抱きつく様な格好になる。

富田 「しっかり捕まってろよぉ・・・よっと。」

果歩 「え・・・キャアッ!」

富田は、果歩の脚を抱えると、そのまま果歩の身体を持ち上げてソファから立ち上がったのだ。

性器を結合させたままの立位、いわゆる駅弁と呼ばれる体位になった富田と果歩。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年11月25日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた3 バッドエンドルート2 【貸し出し】

先輩の部屋で見せられた動画は、僕にとってあまりにも辛すぎる現実だった。
小学2年の時から、家も隣でずっと仲良しだった幼馴染みの涼子。僕は、ずっと彼女が好きだった。

優柔不断の僕は、結局彼女に気持ちを伝えることが出来ず、涼子は栄治先輩の彼女になってしまった。
でも、あきらめきれない僕は、先輩から涼子を奪おうと思った。

そんなある日、先輩に見せられた動画は、僕の心を折ってしまった。

「続き? あるよ。再生するか?」
先輩は、ニヤニヤしながら言う。
「お願いします……」
僕が言うと同時に、先輩の母親が帰ってきてしまった。

「悪いな。コレ、貸してやるよ。ネットにアップするなよなw」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年11月6日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【学校】小学6年、保健室、あの子の悩みを知ったとき始まった 【校内射精】

小学校6年のとき、とても発育のいい女の子がいました。

黒髪おさげの夏帆の身長は、165cm近かったと思います。
(※クォーター?ではないけど、どっかの代で外国産の血が入ってます)
当時俺は155cmくらい。俺のクラスでは160cmを超える男子はいなかったはずです。

男子を含めても夏帆が一番高くて、おっぱいも最低Cはあったと思います。
おっぱいよりも目立つぷりぷりの大きなお尻が大好きで、俺はいつも眺めてました。
かわいいけどおとなしい女の子で、お尻のことをからかわれるとよく泣きそうになってました。

夏の放課後、保健室の前で、保健の佐和木先生と夏帆が話しているのを見かけました。
佐和木先生は当時20代後半くらいだったと思います。
童顔で薄化粧で俺より身長が低くて、夏帆と並んで立っているとどちらが大人かわかりません。

「明日なら先生時間あるから、ね?明日の放課後、保健室に来て」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月4日 | エッチ体験談カテゴリー:学校での体験談

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた3 バッドエンドルート 【貸し出し】

僕には幼馴染みがいる。
小学2年の時に隣に引っ越してきた涼子を、一目見たときからずっと好きだった。そして涼子も、僕のことを好きなはずだと思い込んでいた……。

それが、涼子に彼氏が出来たと報告され、しかも彼氏のための練習台になってくれと言われた僕は、自分の優柔不断さを呪った。でも、僕はあきらめないことを決めた。

『二人で遊園地なんて、久しぶりだね。昔はよく行ったのにね』
「何でだよw 去年のクリスマスに行っただろ?」
『そっかw なんか、恒例行事みたいな感じだから忘れてたw』
「はいはいw でも、確かに昔はよく行ったよな。夏休みなんて、毎日どっか行ってたもんな」
『懐かしいね』
「あぁ……」
アトラクションの列に並びながら、そんな話をした。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年10月31日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 6 【貸し出し】

46

果歩 「ハァ・・・ン・・・ハァ・・・・。」

連続して2度の絶頂に導かれた果歩。

依然果歩は目を瞑り、ビクビクと身体を痙攣させながら絶頂の余韻に浸っている様だった。

富田は果歩の秘部に挿入していた2本の指をゆっくりと抜いていく。

ヌポッ・・・・

ネットリ湿った音を立てて抜かれた富田の指。

果歩を乱れさせた2本の指にはトロ〜っとした白濁した濃い液体がまとわり着いていた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年10月27日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 5 【貸し出し】

31

山井 「よ〜し!それじゃ練習には俺の使っていいからさ!」

山井はそう言って立ち上がりズボンのベルトに手を掛けようとする。

果歩 「ちょ、ちょっと!待ってください!・・・あの・・・。」

山井 「おいおい、そんなに引かないでよ果歩ちゃん。」

急な展開に果歩のアルコールの回った頭は混乱するばかりだった。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん何事も経験よ、大丈夫、やり方は私が教えてあげるから・・・。」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年10月21日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】人妻 香苗 5 【貸し出し】

36

香苗 「……ん……」

カーテンの隙間から光が差し込んでくる。

部屋の空気は朝のしっとりとした感じとは違う。

それになんだか少し頭が痛い。

こんなに目覚めが悪いのは久しぶりだ。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年10月12日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】初めての北海道で【セフレ】

25歳の時北海道の女友達がどうしても来いと言うから、行ってみた。
その友達は学生時代東京にいたのだが、家族の都合で一家全員北海道に渡ったのだ。
初めての北海道と言う事もあって、俺は見るもの全てが新鮮で楽しく、十分に観光を満喫できた。
車を出してくれた彼女には大いなる感謝を伝えておいた。

さて、夜になって友達が、「泊まる所あるの?」と聞いてきた。
「そりゃ当然予約しているよ」と答えると、
「あたしも同じ所泊まる」と言う。
「ええっ?!同室かよ!」って驚くと、
「違う部屋を取る」と言うではないか。
その時は残念なようなホッとしたような感じだった。
彼女の風貌は有名人で言うと吉澤ひとみがぽっちゃりしてた時に似ている。
背も高いし(俺と同じ174センチ)、綺麗といえば綺麗である。
しかし特にこの子とやりたいとか、そう言う事を思わせない男っぽさと言うか、何かがあった。
殆ど化粧もしていないし、スカートもはかない。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年10月7日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ