投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【友達】キャンプで【セフレ】

昨夜は泊まりでキャンプに行きました。
夜中(23時半くらい)にTシャツと短パンでジョギングに出かけました。
途中で短パンを脱いでゆっくり走りました。
時々車が来ます。やっぱり恥ずかしいのでどうしても隠れてしまいます。
でもその内物足りなくなって、思い切ってTシャツも脱ぎました。
(当然ノーブラですよぉ)
その脱いだTシャツと短パンはある場所に隠して、全裸のまま隠すものもなく
夜中の町をジョギングします。知らない町だからか大胆になっちゃったのかなー。
外灯の下を通るときが一番緊張しますね。きょろきょろしながら、誰も来ない
か気になって気になって仕方ありません。
でもそれに慣れてくるとまた冒険したくなって、明るすぎって感じのコンビニに
近づいて行きました。もうドキドキです。
乳首を触ると少し肌寒かったせいもあって、硬く立ってます。
コンビニまであと少しです。駐車場には車が何台か停まっています。
すると後ろから車が来ました。結構スピード出してて、身を隠す場所がない・・

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||

2014年9月16日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】誰も言えない…(続き)3【セフレ】

私の唇から父の精子が溢れてました。私はどうしたら良いのかわからないので、おちんちんをくわえながら父の顔を見ました。
父は気持ち良かったみたいで私の頭を撫でてました。父「うっ…」
まだ私の口内でピクピクしてました。
父「ごめんな…精子が出てしまえば悪い事はしない」
と少し反省してる様子でした。
父「口の中の精子は飲んじゃえ」と指示された私は嫌だと首を振ったのですが、精子を飲まされました。ベトベトして臭いし、少し苦味がありましたが飲めました♪始めての(ごっくん)が父の精子だとは…母には言えません。
その日から父は私に対して優しくしてくれるのですが、ムラムラすると私が呼び出されます。
自宅のトイレ、お風呂場、コタツの中、布団の中、車の中などで父のおちんちんをしゃぶらされてます。
私は早く父から解放されたいので、凄い勢いで父のおちんちんをしゃぶり発射させてバイバイしてます。最近は私に目隠しさせて父のおちんちんをしゃぶらされてますが…?おちんちんの大きさ、本数、精子を出す回数が多いのでは?と思う事があります。
目隠しの隙間から見えた物は父のキモイ松茸じゃなく父の友達のおちんちんでした(汗)私はびっくりしました。
父はこっそり友人を招いて私が目隠しをしてる間に父と入れ替ってました。
私のおしゃぶり姿や淫らな姿を父はビデオカメラで撮影してました。中には包茎おちんちんの友人が混じっていて、包茎の皮を指で拡げたり、皮を剥くなどして私に舐めさせてたり、私に舌を出して舐めるように指示して包茎おちんちんの先端の皮を拡げて私の舌を突っ込ませ、レロレロさせてました。勿論発射される精子は私の口に出され他人の精子を沢山飲まされていた事になります。父はビデオに録画して自分で楽しんでいたみたい。本当に最低です。私は父の玩具、性欲処理の道具にしかないのかも…撮影されたビデオを見せられた事ありまが…私の周りで数人がおちんぽ出してました。まぬけな私は大きく開けた口に精子を発射されてました。父が私に精子をもっと飲ませて下さい。私の口を精子で汚して下さいと私に言わせてた理由がわかりました。私はテレビの画面内で精子だらけの口内をパクパク披露宴して泡だらけの精子をごっくん、ごっくん飲んでました…。私が便器にアゴを乗せて口を開けてる場面もありましたが、おちんぽを口に含んだまま放尿され口から噴水の様に尿が飛び出してました。本当に最低な父との体験です。

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年9月16日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ちゅーか君と私。【セフレ】

ちょっと前のコトです〜。
びゅるぅ…ってセーシがでてる先っぽから、
んぱっ…って離れた私。
シコシコしてる私の手のなかで、ぴくんぴくん痙攣してるおちんちんを感じながら、
彼(ラヴ仮名、ちゅーか君)を見てました。
目をつぶったまま、いやらし〜く感じ続けていて、
絶え間ないシコシコに、びゅるびゅる…!って射精し続ける気持ちよさに、
耐えてるような…?、身をゆだねてるような…?
エロすぎな顔したちゅーか君ん。
ぼた、ぼたぼた、ぼた…って、
ちゅーか君と私の、顔や胸やおなかが、セーシまみれ…。
そんな、エロすぎなちゅーか君のこと、彼女として見つめながら、
BLとしても、見てしまったんですぅ…。(この瞬間だけですぅ!もちろん私が、彼氏です!!)
頭のなか。
まん(私、仮名)「ちゅー君が好きすぎて(本音)、我慢出来なかった…。ごめん…。」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||

2014年9月15日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】風呂覗き【セフレ】

私は、25歳のOLです。二ヶ月ほど前に職を替えたので、収入は激減。
そのため、知り合いの家に下宿させてもらっています。
その家に、中学生の男の子がいるんだけれど、
私がどうも私のいないすきに、部屋に入り込んで、下着
などを触っているみたいなのです。
それから、私がお風呂に入っていると決まって脱衣所に現われて
洗面を使うんです。たぶん、すりガラス越しに私のシルエットを見ているんだと
思います。
私は別に見られてもどうということはないし、そんなに私のことが気に
なるんだったら、裸ぐらい見せたっていいと思っていました。
そんなことを繰り返していたある日曜日、私が一人でいるとその子が
部活から帰って来ました。汗まみれで真っ黒なのですぐに風呂を沸かして
入って行きました。私はふと、いつも私の下着や風呂場を覗こうと
しているのでからかってやろうと思い、風呂場の外から声をかけました。
「ねえ、いつも私が風呂に入っているとここからシルエットを見てるでしょ、

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||

2014年9月15日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】彼がいるのに【セフレ】

同棲中の彼氏K君は仕事をしようとせずに遊んでばかりいるので、K君と別れてMさんと付き合おうとアルバイトが終わってから、アパートに荷物を取りに行きました。
 アパートでK君に止められて、部屋でお酒を飲むことに・・・。
 別れる、別れないの話になって、K君に「別れないでくれ、オレ、お前がいないとだめなんだ・・・」と涙を流しながら必死で泣きついてくるので、かわいそうになり抱きしめてあげました。
 私はお酒のたっぷり入っていて、手を上げるとストンっと下ろしてしまうくらい酔っていました。
 カラダが言うことを聞かない状態で、抱きしめられながら床に押し倒されて、私はMさんのことを想い、涙が出て横を向きました・・・。
 涙が私の耳のほうまで流れてきました・・・。力が入らず抵抗できませんでした・・・。
「もう・・私達、だめだよ・・・できない・・・だめ・・・やめて・・・」
 K君はいつものように私のTシャツ、ブラを脱がしてきて・・・
 私は仰向けの状態で自分の胸を見ると、すでにK君がうれしそうに私の乳首を転がすように愛撫し、胸を揉んでいました・・・
 K君と別れようと思ってここに来たのに・・・K君の顔がかこんな近くに・・こんな簡単にカラダを許しちゃうなんて・・・。
 ふと見ると、もうパンツを脱がして私のアソコをクンニし始めていました・・・。K君の頭を手でつかんでグッと力を入れるとK君と目が合いました。私のアソコの毛を舐めて口に含んでくれたりしてくれました・・。
 さらに下の方に愛撫が進み、おしりの穴に(Mさんは、おしりは全く愛撫してくれない)・・・。
 両手でおしりの肉を引っ張り、おしりの穴を開いてベロッと舐めたり、舌をすぼめてグリグリしてきました。
 おしりの穴にK君の舌がくっつく時は穴が暖かくなり、K君の鼻からの息がかかると唾液が冷えてスーッとしました。その温度差が何とも気持ち良かったのを覚えています。
「仕事帰りでお風呂入ってないから(アパート、アルバイト先のトイレは和式でウォシュレットないので)・・・そんな汚いところ、くさいよ・・・」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年9月14日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】誰も言えない…(続き)【セフレ】

私は父に胸とアソコを同時にいじられ、体とアゴをガクガクさせてました。
私は男性経験ないしエッチなんてした事なかったからとても怖くて…初エッチが父親なんて嫌でした。
学校でエッチな話はした事あるけど何か違う。
私は父を見ないように必死に目を閉じて我慢してました。
父は突然腰を少し上げたと思ったら、ズボンから大きくなったおちんちんを出しました。私の手を掴み自分のおちんちんを握らせ上下に動かしてました。
父は無言で「はぁはぁはぁ…」と興奮して、私の胸やアソコをいじり回し、激しく私の頭を撫でました。
握らされた父のおちんちんが私の顔にペタペタ当たります。
父が一言「気持ちいいか?目を開けて見てみろ。」と言ったので少し目を開けました。目の前に大きく血管の浮き出た父のおちんちんがありました。
本当におちんちんは松茸みたいで、ヒクヒク動いていて…私は恥ずかしくて目をそらしたと思います。
父は「見てろ!お前はまだ見た事ないだろ?これは何て名前だ?」と質問してきたので、私は「おちんちん」と答えました。
父「そうだ!チンポだよ。」私「知ってるけど…」
父「お母さんには内緒にしろな。お前がこんな格好で寝てるからいけない。」
私「何で?」と言いました。父は血管の浮き出たおちんちんの先端を私の目の前に見せてきました。
父「チンポの割れ目から液体が出てるの見えるか?」
私「出てるよ。」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||

2014年9月14日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】アパート【セフレ】

飲み会の後、彼が飲み過ぎてつぶれ
私のアパートに泊めてしまった、
今思えば計画的犯行!
なんか違和感があるから目が覚めたら彼が上着をめくり乳首なめてた。
あごを捕まれキスされた。
「え?」
私、変な気分になってきちゃった。
ブラをはぎとり、激しく胸を揉んできました、快感で頭の中が真っ白。
声を押さえるのに必死で、相手に抱き着いた。
パンツもぬがされ、アソコが丸見え。
「嫌だ、だめ、やめて、」
アソコに指が入ってきました、言葉と裏腹に快感におそわれ、びっしょり。
恥ずかしくて相手の顔が見れない。
しばらくすると下の方に熱いものを感じた。
「え?」ってみてみると、相手のアレが私の中に入ってた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||

2014年9月14日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】衛ちゃんツー。なな【セフレ】

衛君と私の唇が、
ぷにぷにゅ。とくっついて。
離れて。。
ぷにぷにゅ。
離れて。。
ぷにぷにゅ。。
私のからだ、…イッちゃった余韻で、
しびれてる?ようなかんじ。。
でも。ぷにぷにゅってなるたび、
ゾクゾクぅもして。。
ぷにぷにゅ、気持ちイイな…て、
衛君のぷにぷにゅ、柔らかく吸ったり、舐めたり。
衛君も。私のぷにぷにゅ、優しく吸ったり、舐めたりってしてくれてて。。
気持ちイイって思って。。
舌も、舐めあって。。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||

2014年9月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】衛ちゃんツー。ご【セフレ】

ちゅう。
ソファーの上、抱きしめられて。
今までよりもっと、
ググッてする力強い抱きしめられかたに、
ドキぃッ、ゾクぅって、私。
衛君のちゅう、気持ちイイ…。
舌も。くちびるも。
「。んふ。…。ん。」
衛君とにゃんにゃんしちゃうんだよね、な、ちゅうだから…。
緊張で息苦しくて、
気持ちもヨクて。
なんか、声、でちゃうよ。。
「ちゅ。。声、かわいーね…。」
「ちゅ。。恥ずかしーよ…。」
「ちゅ。。今日は、たくさん聞かせて。」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||

2014年9月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】とまってしまったえれべーたー【セフレ】

とまってしまったえれべーたー

 学校が休みの土曜日、リュウくんとマミちゃんは、カゼをひいてねこんでしまったタッくんのうちにお見まいに行きました。
 タッくんの家は、十かい建てのマンションのいちばんてっぺんにあります。
 タッくんの家には、ふだん、せんぎょう主ふのお母さんや、短大生のお姉さんがいるのですが、今日は、たまたま二人とも用事があって家にいないのです。いるのは、タッくんのちっちゃな妹だけでした。
 それで、リュウくんとマミちゃんは、タッくんにお昼ご飯をつくってあげました。と言っても、つくったのはおかゆで、しかも実際に料理したのはリュウくんだけだったのですが。
 そして、お昼ちょっとすぎに、タッくんのガールフレンドのノンちゃんがやってきたとき、二人は“おじゃま”にならないようにたいさんしました。
「もっといればいいのに」
 タッくんのおでこにしぼったぬれタオルを当ててあげながら、ノンちゃんが言いました。
「そんなこと言って、ノンも、タッくんと二人っきりの方がいいでしょ♪」
 マミちゃんがそう言ってからかうと、ノンちゃんは、ねつを出してるタッくんよりも真っ赤になってしまいました。

「んふふー、あたしたちが帰ったあと、あの二人、どうするだろうなァ~」
 マンションの外ろうかを歩きながら、マミちゃんがそんなことを言いました。
「どうするって……タッくんカゼひいてるんだし、ミカちゃんもいるし……」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2014年9月13日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ