投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【友達】お客と【セフレ】

不動産関係の仕事をしています。
時々水漏れ等でお客の部屋に行くんですが、昨日イイ思いをしたので報告します。
キッチンの排水が悪いという事であるワンルームのアパートの一室へ行きました。
少し遅れて(15分くらいですが)しまいマズいなぁ…と思いつつインターホンを押しましたが反応ナシ。
ノックしても反応がなく、マジかよ〜と思った時、中からドタバタ足音がし、ドアが開きました。
年は20才そこそこって感じで(後で聞いたら大学生でHって名前でした)特別可愛くもブサイクでもなく、スタイルもまあ少し細いかな〜という程度。
ただ少しばかり紅潮していて風邪か?と思いました。
とりあえず仕事を済ませようとキッチンであれこれ作業していると、隣でドサッと音がしてソファに乗せてあった洗濯物?が崩れました。
音につられてふと目がいくと、ピンローが転がっていました。
Hがハッとして隠しましたが後の祭り。
バッチリ見てしまい、出てきた時に紅潮していた訳もわかりました。
俺も気まずくなり
『あはは、気にしませんから〜』
なんて言ってみましたが変な空気は消せず、とりあえず仕事仕事と思い排水詰まりを直して、直ったことを確認してもらおうと実際に水を流してもらったんですが、恥ずかしいのか慌てて蛇口を開いてしまい、結構な量の水が跳ねてHの服にかかってしまいました。
俺もピンローのせいで冷静じゃなかったのか、慌てて持っていたタオルを渡さずに自分でパタパタとHの服を拭いてしまいました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2014年8月10日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】PC探偵・神崎梨緒【セフレ】

     PC・神埼梨緒  「…大丈夫です。データの復旧は直ぐ終わります」
 PCのディスプレイを見ていた女の子に言われた正面の女教師は、安堵して天井を
 見上げた。
 彼女の名は神埼梨緒-かんざき りお-  ここ東雲女学院ではちょっとした有名人
 である。東雲女学院はスポーツに力を入れている事で全国規模で志望者が多い。
 しかし梨緒はスポーツに直接の関わりはないが、練習プログラムの組み立て方は
 専門家が感心する程の能力がある。
 しかもそれだけではなく、梨緒は幼少の頃より趣味でPCを使っていた為精通して
 おり、以前学院のメインPCがハッキングされた事件があったのだが、それを解決
 した実績があった。この能力は半端なものではなく、学院の外からも依頼されたり
 している。 なので他のクラスや学年、時には教員からも相談を持ち掛けられたり
 する事も少なくなかった。
{もうそんな時間なのね}
 時計を見た梨緒は愛用のPCを専用の鞄にしまい席を立った。
 「また女子寮で家出ですって」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年8月9日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】友達夫婦と 2【熟女】

 客間で妻を問い詰めました。私が聞きたいのはただひとつ、あのビデオの続きが有るのか無いのかKとやったのかと言うことです。妻はなにも答えません。
 このことですべてを察しました。妻はKとYの玩具にされていたのだと。不思議と怒りはどこか消えていました。なぜならこのことに私は異常に興奮していました。妻が自分の知らない所で知らない世界を堪能していた、このことに私は感情をぎりぎりの高さまで上昇させていました。
 嫉妬、失望、そして愛。身体の脱力感とは関係なく下半身はこれまでにない位高潮しました。

 私は妻を布団に押し倒し、いきなり挿入しました。小さく悲鳴をあげましたが左手で口を覆い、右手は胸を鷲掴みしています。格好はあのまま白のブラウスとチェックの超ミニスカート。下着は手に持っていましたが穿いてはいません。妻の手にあった下着を口に押し込み、両腕を押さえ付け激しく腰を打ちつけました。妻の身体はガクガクと揺れ顔は赤く上気しています。部屋にあった座卓も襖も揺れて音を出しています。私はそれらに構いもせずなおも激しく腰を打ち続けました。妻の荒い鼻息がこちらの首筋をくすぐっています。

 快感。そう、さきほど経験した以上の快感が私を襲いました。私は妻の中に果てました。一回終っているのに前回と同じ位脈打っています。妻も同時にイッたようで足を開いたままの格好で全身がだらりとして大きく息をしています。妻の中心部からは私の白濁液が押し出されるように溢れ出しています。 妻の口から下着を取りました。妻は大きく溜息を吐き、
「こんなの初めて… ごめんなさい、黙っていて。」
「…………」
「怒っている?」
 私は自分の感情がまだ整理できていませんでした。ただ黙っていました。

 その時、突然襖が開き、そこにはYが妻と同じ格好で立っていました。その顔は妖艶に微笑んでいて瞳は輝いていました。私はあわてて前を隠しました。私の分身はまだ硬くなったままです。
「凄かったわね。また濡れて来ちゃった。」
と、ノーパンのスカートを捲くり自分の秘裂を撫でています。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年8月9日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら2 【貸し出し】

嫁の希とのセックスに、正直少し飽きてしまっていた僕は、寝取られ系のサイトをよく見るようになっていた。
思い切って希に打ち明けたら、軽蔑はされたが、なぜかカップル喫茶に行くことになった。そこで知り合った常連夫妻に、色々なことを教えてもらい、少し過激な行動も取ってみた。

希は口では強がっていたが、かなり刺激を受けていたみたいだった。

そして、そのたった一度のカップル喫茶での経験が、ふたたび僕らのセックスを燃え上がらせてくれた。
今までの少し飽きてきた感じが消え失せて、毎日セックスをするようになった。そして、お約束のように、僕が希を言葉責めするようになっていた。

今日も、希に目隠しをした状態で責めながら、
「ほら、希……次に行ったときは、あの童貞くん達にこうやって舐められるんだよ」
と、照れくさいと思いながらも言葉責めをしていた。どうしても、恥ずかしいというか、照れくさいと思ってしまって、ぎこちない言葉責めだけど、希は物凄く反応してくれる。明るめの茶色の髪に、ウェーブがかかった髪型で少しギャルっぽい希だけど、言葉責めしているときは凄く可愛らしくなる。
いつもの、少しがさつと言うか、ちょっと元ヤンが入っているような感じの希ではなくなる。

『ダ、ダメぇ、そんな事、ダメ、しないから、絶対にしないからぁ、んっ!! あ、クゥ、あぁ……』
目隠しで目が見えないので、表情が全部は見えないけど、その震えるような声と、口元のだらしなく弛緩した感じで、希が興奮しているのがわかる。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月8日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】麻美子の告白【セフレ】

麻美子です。
メール有難うございます。
さて私にとって恥ずかしくもあり又興奮した体験をお話します。
24才の社内旅行は山形に行く事になり混浴風呂があると聞いていました。
他の女子社員は入りませんが 私は入るつもりでいたので、
深夜2時頃1人で混浴風呂に行きました。
さすがに誰もいませんでした。
しばらく1人でゆったり混浴風呂に入っていましたが、
私が気づかないうちに会社の男子社員3人が入ってきて
私の前に現われたので慌ててタオルを取ろうとしましたが
開放的になっていたためタオルを置いた場所から離れた所にいて
男達にタオルを取り上げられてしまいました。
私は体を隠すこともできず3人の男達に 湯船の中で取り囲まれてしまいました。
何もされませんでしたが私がお風呂から上がるのを待っているみたい なので、
諦めて両手で隠しながらお風呂から出ました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年8月8日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】過酷な罰ゲーム【セフレ】

中学の修学旅行の時。男女混合で大貧民をやって、
大富豪が大貧民に罰ゲームを命じる遊びをした。
俺は持ち前の腕と、異常なほどの集中力で、
ほぼ毎回大富豪。
女の子が大貧民の時はいろいろ命令した。
みんなで輪っかになって女の子をその中心に立たせて罰ゲームさせた。
ブラチラから始まって、上着を脱がせてブラジャー丸見えにしたり、大富豪とキスしたり、 ぱじゃまのズボン脱がせて大富豪に見えるように30秒間お尻フリフリ。
その後下着姿のままトランプの片付けさせてカード配らせた。下着のままでゲーム開始。
大貧民の女の子は強いカード取られて毎回ビリだったw
輪っかの中心にたたせて下着姿で猫の鳴き声と仕草のマネとか、かなりマニアックな命令をした。
大富豪の近くでに「見てください」ってお願いさせて、20秒間おもいっきりM字開脚させたり。
下着のまま四つん這いで部屋を3周させたあと犬のおしっこのポーズを10秒間させた。プルプル震えててみんなで爆笑した。
女の子も「○○、スケベすぎ」とか笑いながら従ってくれた。
その後貴族たち要求はさらにエスカレートしていって、奴隷はまずブラジャーを脱がされた。これにはさすがに抵抗してたけど周りのやじがすごくて負けたんだから脱げコールが起こって、いやいや脱いでた。
そして大富豪がおっぱいをもんでた、その後大富豪の許しが出てみんなでおっぱいをもみまくった。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2014年8月8日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】元彼【熟女】

週に1度のフラのレッスンを終えての帰り道、駅の雑踏の中で、不意に後ろからポンと肩をたたかれた。
「さわちゃんじゃないか」
振り返ると、それは裕二さんだった。
白状しますけど、裕二さんは結婚前私がまだOLをしていたころ同じ会社にいた方で、そのころ私と彼はお付き合いしていました。もちろん肉体関係も何回かありました。いわゆる元彼です。
「本当に久しぶりだね。元気かい?」
「もう、6年になるわね。今は?」
「今、アメリカ勤務なんだ。これでもロス支店長だよ。本社で会議があるんで帰って来たんだ」
「アラ、ウチのもアメリカ勤務よ。今はオハイオにいるの」
「こりゃ、奇遇だ。じゃ、オレとさわは、淋しい一人暮らしってわけだ。ハ、ハ、ハ、、、」
「イヤねぇ、、、淋しいって、なんのことかしら」
とりとめのない話をして分かれた次の日、裕二さんから電話があり、食事でもしようということで、私は出掛けました。着替えをするとき、私はタンスの奥から淡いピンクのセクシーな下着を取り出して身に着けました。主人に対するうしろめたさと、これから起きるかもしれないアバンチュールへの期待が混じり合っていました。
彼が投宿しているホテルのレストランで食事のあと、私たち2人は、それが当然のように並んでエレベーターに乗り、彼の部屋に入りました。
2人でバスに漬かって私は素っ裸のまま彼に抱かれてベッドに横たえられました。裕二さんは私に覆いかぶさり私の唇にキスしたあと、目、おでこ、首筋、肩、胸にと唇を移動させて行きます。硬くなった乳首に彼の舌が触れたとき、私は思わず呻きました。お股の合わせ目が濡れているのが分かりました。
彼の唇は全身をくまなく這い回ったあと、私は両脚を拡げられ、あの恥ずかしい部分に彼の舌が触れたとき、私の全身を電流のようなものが走りました。思わず声をあげました。
彼が入って来ました。私はもう、夢中になって彼にしがみつき、両脚を彼の腰にからめて持ち上げ、持ち上げしていました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年8月7日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【浮気】人妻ってエロい体してる奴多いww 【不倫】

32才人妻と土曜日に会った。写メは交換済みなのでルックス・体型は問題無さそうなのだが

昨日のメールで私のアソコ、ビラビラが大きいんだけど大丈夫?

と聞いてきた・・大丈夫だと返信したが、どんだけ大きいのだろうか。

見た目は清楚そうなんだけどな・・待ち合わせ場所へ車で向かうと、

ジーパンにダウンジャケの女。顔を確認すると写メ通りだったので声をかけた。

 実物は色白の清楚そうな感じでイメージ通り。例えると、永作博美みたいな感じか・・

しばらく車内で話をしていたが、「子供がいるからあまり時間がないの」という事で早速ラブホへ。

着くなりベロチューをしてきたのでフル勃起した俺はそのまま押し倒し服を脱がせた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年8月7日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【会社】女は裸にして調べてはいけない? 【職場】

山陰合同銀行は17日、金庫から現金100万円を着服したとして、大元支店(岡山市大元上町)の臨時職員に当たる女性準職員(34)を8日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

準職員は下着の中に札束を隠し、男性調査員の目を逃れていた。「魔が差した」と話し、既に全額を弁済、同行は刑事告訴しないという。

同行によると、準職員は11月12日午前、大元支店の金庫室内で当日扱う現金を準備中、別の職員が目を離した際に100万円を持ち出した。

同日、現金残高が合わず問題化。本店から男性調査員8人が派遣されたが、準職員はパンツの中に札束を隠して自宅に持ち帰った。1週間後に自ら申し出て発覚した。

調査員は男性職員らの身体検査をしたが、女性職員らはしなかった。

エッチ体験談検索用タグ



2014年8月7日 | エッチ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【人妻】義母との一線【熟女】

1ヵ月程前、私は遂に超えてはいけない一線を越えてしまいました。その一線を越えるキッカケになったのが、義母の裸体を見た事に始まります。
私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。
その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗を掻いていました。
一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。
雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間にか体中から湯気が出る程、暑くなります。
下着まで濡れ、早く着替えようと脱衣場へ向かうと扉が開いていました。
中を覗くと、義母が全裸で着替えている所だったんです。
53歳の裸体は、予想以上に綺麗でムチムチとした肉感と白い肌に、股間が熱くなり始めていました。
人気に気づいた義母が振り向くと垂れた大きな胸が目に飛び込んできて、股間はMAXになっていました。
”あら!ごめんなさい・・・”照れながら義母がドアを閉めたんです。それ以来、私は義母の体が脳裏から離れませんでした。
何かと義母の体をジロジロ見ていたり、洗濯機の洗う前の下着を見つけては匂いを嗅いだりと
変態行為がエスカレートする様になってしまいました。
ある日、義母とTVを見ていると、いつの間にか義母はコタツの中で寝ていました。
何だかドキドキして、思わずコタツの中を覗いて見ると、義母のロングスカートが捲れ上がり太腿まで見えているでは
ありませんか?ムッチリした白い太腿の奥が見たくなり、そっと足でスカートを捲って行くと

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年8月7日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ