投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【出会い系】既婚者の女喰え過ぎww 【ヤリ目】

今年の春でした、出会い系サイトで既婚者の美佐子という46歳の女性と巡り会ったのは。
彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。
最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、

しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。
メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。
「旦那は、相手にしてくれない」
「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」
「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」
この様なメールが出会い系サイトを通じて届くようになった。
僕も、正直、彼女の淫らさに引かれ、オナニーしザーメンを放出したことを告白した。
毎回、彼女は、メールの最後に
「逢いたいとは言いません。だから、長くメル友でお付合いしたい」と言う。

そして、彼女のメールは、どんどんエスカレートする。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年12月11日 | エッチ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【友達】少女の花びら ⑬【セフレ】

『 最終章 財閥令嬢の膣内破損 』

我小学校の新体操部は予選落ちして俺にしてみれば一日だけの楽園だった
新体操の”美雪”と言う獲物を捕らえる事が出来て今後楽しみだ
それに購入難の小学生児童による新体操DVDの修正製作が楽しみだ
数日後 性奴隷化された裕子をマンションに呼び出した
♪〜ピンポン・・「おっ裕子姫が来たな」と玄関の扉を開けると
腹巻のような服と白色の短パンと言う露出全開の衣装がたまらない
リビングの方へ歩きながら「裕子ちゃん その 腹巻いいね」
「腹巻っぷっはは これはねチューブトップと言うの腹巻だってふふっ」
「その 何だぁ チューブトップと言う腹巻は動いていて落ちないのか」
裕子は上半身を左右に振ったり上下に飛んだりしながら
「それがね不思議なの落ちるではなく上がるのよ 何か他の事を
期待しているの」
裕子が屈むとチューブトップの胸の隙間から発達した乳房の谷間が見え

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年9月19日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】いつの間にかそんな関係【セフレ】

現在は高校2年生で公立高校に通ってます。
忘れもしません。セーラー服のサイズが変わってしまった頃でした。
子供の頃からの大親友Mとコタツに入りながらTVを見てました。
TVの位置的に、2人並んで座ってました。
衛星放送で姉が撮っていたビデオでしたが、TVの筈なのに結構裸もあったりして驚きました。
「昔は大らかなんだね」などと話しながら観てると、保険調査員の女性2人が裸で縛られ浴槽へ入れられるシーンがありました。
悪漢はお湯がでする蛇口を捻って2人をお湯責めにしたりするのです。
そんなシーンを見ていると、いつの間に私とMはコタツの中で手を握り合ってました。
でもビデオは止まりません。止めたくありません。
別のシリーズに変わり、2人の女性が縛られてライトバンで運ばれてしまうシーンに、私はドキドキが止まらなくなりました。
「…ねえ、あんな目に遭うって…気持ちいいのかな?」
Mの言葉に横を向くと、Mの顔は上気して真っ赤でした。
もうそこからは雪崩の如く、でした。
ついばむキスから始まり、ソックスを脱いであたしの手を前で縛ったりし始めたのです。
コタツの中で赤外線に照らされた下着にドキドキしつつ、私達は荷造り用のガムテープで縛りっこしてじゃれ合いました。今ではお互いの家でライトなボンデージプレイ+レズプレイの日々です。

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2014年8月16日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【浮気】人妻が喰え過ぎて笑える 【不倫】

今年の春でした、既婚者の出会い系サイトで美佐子という46歳の女性と巡り会ったのは。
彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。
最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、

しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。
メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。
「旦那は、相手にしてくれない」
「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」
「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」
この様なメールが届くようになった。
僕も、正直、彼女の淫らさに引かれ、オナニーしザーメンを放出したことを告白した。
毎回、彼女は、メールの最後に
「逢いたいとは言いません。だから、長くメル友でお付合いしたい」と言う。

そして、彼女のメールは、どんどんエスカレートする。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年8月4日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】ココロとカラダ【貸し出し】

「・・・愛しているわ。」「あなた、愛してる。」

 これが私の妻の口癖である。
 結婚して4年もたてば言われるこちらが気恥ずかしく感じるくらいなのだが、本人は照れるふうでもなく全く気にならないらしい。
朝起きた時、私が出勤する時、そして夜帰宅した時・・・、妻の口からはごく当たり前のように私への愛情を示す言葉が出てくるのだ。

 そして妻は、言葉だけではなくその態度でもその気持ちを隠すことなく示してくれる。
 常に私を信頼しきっているその笑顔。私にとって最良のパートナーたらんとするその前向きな姿勢。・・・外出する時はまるで恋人
同士のように腕を絡ませ体を密着し、ともすると一人娘が焼きもちを焼いてしまうくらいなのである。

 どんな時でも、どんな場所でも、私は常に妻の愛を感じることができたし、それは夜の夫婦生活においても例外ではなかった。
 夫である私を喜ばせようとする献身的な態度。自分も共に楽しもうとする積極的な愛情表現・・・。
 以前の私は、慎ましやかで清楚なふだんの姿からは想像も付かないそんな妻の姿が、私だけに向けられているものと信じて疑わなか
ったのである。子供を産んでも張りを失わないつややかな肌や、出産後少し大きさを増したツンと上を向いた形のよい乳房、白桃のよ
うに瑞々しいヒップ、そして淡い翳りに隠された秘密の場所も、その全てを知っているのは私だけだと信じていたのだ。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月31日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】コスプレ娘由佳【貸し出し】

473名前:やさい投稿日:02/09/2717:25ID:XWYlCuNj

僕は同人誌を書いていて、すごく下手なんですけど、上手いMってやつとWって
ヤツのサークルに入ることになって、一緒にツルんで遊んでいました。
大概、僕はMのアシに使われていて、それでもMのテクを参考にすることが
できるので、喜んでアシを引き受けていました。Mも親切に教えてくれて
僕の下手な原稿も、嫌な顔一つせずにまとめてくれました。Wも絵が上手くて
サークルはMとWのメインメンバーに僕が穴埋めをするような形でやっていました。

MとWは、今風の容姿をしていて、はたからみるととても同人屋には見えない感じでした。
僕は何の変哲も無い容姿で、マンガ書いてるといえば、納得されるような、そんな感じでした。
ところが、僕のほうが先に彼女ができました。その彼女、Y佳はいわゆるコスプレ娘で、
イベントで知り合いました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月25日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【レイプ】隣のネーチャンを犯る【強姦】

 俺、ヒデキ。21才の大学生。学校に近いアパートでひとり暮らし。俺の部屋の隣には大学の事務職員をしているネーチャンが住んでいる。年は25才くらい。化粧も薄く、派手なところはないけど、よく見るとかなりの美人だ。そうだなあ、タレントにたとえるとスッピンの伊藤美咲ってところかな。スタイルもまずまず。身長は160センチくらい、バストは小ぶりだけどウエストがキュッと締まっていて足が長い。セミロングのヘアースタイルは、ちょっとヤボったいけど、真面目そうで、おとなしそうで、なんだか最近、見るたびに「おっ、けっこういい女じゃん」と思うようになってきた。
 夏休みに入ったので授業もなく部屋でのんびりしていると、隣のネーチャンが出ていく気配。そうなんだよな。俺ら、学生が休みでも、事務員は仕事だからな。窓からミニスカートの中のキュッと持ち上がったヒップを振りながら歩いていく彼女の後ろ姿を見ながら、俺は、なんとか彼女をものにしたいと思い始めていた。
 その日の夕方のことだ。コンビニから帰り、階段を上がると、ちょうど彼女が帰ってきたところに出くわした。ものかげから見ていると、鍵を玄関の脇にあるガスメーターの扉を開けて出している。どうやら、彼女は鍵を持ち歩かないタイプらしい。不用心と言えばそれまでだが、もしかしたら、鍵をなくして困ったことがあったのかもしれない。でも、それは暗い計画を立て始めた俺にとって好都合だった。
 翌日、俺は彼女が出かけるのを確認して、隣のガスメーターの扉を開けた。しかし、鍵は見あたらない。一瞬、失望感に襲われたが、気を取り直してよく観察する。すると、天井部分の隠れたところにヒートンがあって、鍵がぶら下がっているのを発見した。そりゃ、そうだよな。すぐ見えるところに置いてあったら、検針の人に分かっちゃうもの。確認のため、玄関を開けてみる。
「やったね」
 カチャリと音がして鍵が開いた。しかし、彼女が帰ってくるのは早くても五時半。まだ、時間はたっぷりある。まずは、合い鍵を作るため、俺は近所のホームセンターへ向かった。
 鍵をガスメーターに戻し、合い鍵を使って、俺は、まんまと彼女の部屋に忍び込むことができた。思った通り、俺の部屋とは対称になった間取りだ。漂うかすかな香水の匂いに胸をドキドキさせながら、キッチンを通り抜けると、カーテン越しの光りが、よく片づいた部屋を薄暗く照らしている。
 まずはタンスを開けてみる。すると、清楚に見える彼女からは想像が付かないほどの派手な下着がギッシリと詰まっていた。人は見かけによらぬもの、ほとんど丸見えのシースルーから、シルクのヒモパンまで、ヤバイものばかりだ。
「おいおい、ホントに、こんなもの着てるのかよ?」
 独り言を言いながら俺はバスルームへ。洗濯機の横にあるカゴを開けてみると、使用済みの衣類が積み重なっている。そこにも、素人は着ないだろうという感じのパンティーやブラジャーが。思わず、俺はレースでできたパンティーのクロッチ部分に鼻をあて匂いを嗅いだ。それだけで、俺の息子はビンビンになり、あわててズボンをずり下げてオナってしまった。大量に出た精液は、手のひらで受け洗面台で流す。
 一発出すと、少し落ち着いたのでベッドのある部屋に戻った。言い遅れたけど、俺の住むアパートは1DK風呂付きってやつで、ひとり暮らしには十分ってやつなんだ。
 何気なく、机の上にあったパソコンのスイッチを入れる。白い筐体のeMacってやつだ。たしかに女の部屋にはよく似合う。俺も少数派のMacユーザーなので親近感が湧く。
 最初にIEを立ち上げて、まずは履歴をチェック。驚いたね。いわゆる露出系のサイトばかりを覗いてるみたいだ。海外の下着画像のサイトも頻繁に見ているようだ。よく見ているサイトを覗いているうちに一時間以上も経ってしまった。なんで、こんなサイトばかり覗いてるんだろう。そう思いながら、こんどはメールもチェック。でも、女友達との、くだらないやりとりしか見つけられない。この女は彼氏がいないんじゃない?
 男との生々しいやりとりがあるんじゃないかと期待していたのだが空振りだった。
 アプリケーションを全部閉じると、デスクトップに「myalbum」というファイルがあるのを発見。ダブルクリックすると、日付の入ったファイルがダイアログの中に並んでいる。そのひとつを開けると、この部屋で撮ったと思われるセルフポートレイトのサムネイルが。それも、下着姿だ。中にはトップレスのものまである。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月23日 | エッチ体験談カテゴリー:レイプの体験談

【童貞】SMパートナー探し専門の掲示板での事 【処女】

6月8日の話し
出会いはSMパートナー探し専門の掲示板
普通のプレイは飽きたので
暇な時に検索していたら見つけた未知の掲示板

会うまでのやりとりは面白くないので却下
○○駅前で待ち合わせした

緊張して待っているとやってきたのは黒髪長髪のお姉様
沢尻エリカをちょっと老けさせた感じだったのでエリカで

ちなみに今まで調教されたことはなかったので初体験
すぐホテルに行くということだったので後ろをついて行った

SM経験やらなにがされたいのかなどを聞かれシャワーを浴びさせられて部屋に戻ったらボンデージをきてた手を後ろに縛られて目隠しされる

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2013年11月10日 | エッチ体験談カテゴリー:初体験談

【寝取られ】たいしたことない話だけど【貸し出し】

大学の同級生だった彼女が、卒業して半年くらいで、下着がやたら大人っぽいもの
になったと思ったら、いつのまにしっかり中年おやじと付き合っていて、SMまで仕
込まれていた。結局なんだかんだで完全にばれて(というよりその男の命令で俺が
徐々に気づくようにしくんだらしい、彼女の部屋でバイブとかお俺に見つかるよう
にして)、最後に決定的に別れるときに泣きながら全部話してくれた。俺のことは
好きだけど、心までMに調教されてその男とどうしても離れられないと。
いままでのようにSEXすれば少しでも引き止められると思って、スカートの下に手
をいれて押し倒そうとしたら、がっちりしたものが手に触れるので、見たらSM専門
店で売っているような革のボンデージ用オールインワンであそこもすっかりガード
してあった。
そんな女になったのかと、それですっかりガンと衝撃を受けて、敗北
感で萎えてしまい、そのまま離してそれっきり別れてしまった。
思い出してめちゃめちゃに興奮するようになったのはしばらくしてか
ら。
そのあとストーカーすれすれのことまでしばらくしたけど、結局、男

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||

2013年11月5日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】拘束オフ会【セフレ】

このあいだの拘束オフ会、おつかれさまでした。楽しかったね。
管理人さんに不思議がられたように、私は普段はドミナ——調教側——だけど、実は
Mの素養もSの素養もあります。ただ、よく言う「SもMもちょっとづつ持っている」
とはちょっと違う。バチッとスイッチが入ると、オーガズムに達するまで、つまりは
私がイくまで、スイッチが戻らないんです。
S側に入ってるときはホント、自分でも容赦ないと思う。『愛ある王女様』ってなに、
みたいな。あの呼称嫌いなんだ本当は‥‥バッカみたい(笑
オフの時は管理人さんに虐めてもらったね。
だからアレは、先に拘束されたので、M側のスイッチが入ったってことです。
まあ、あれだけ革のボンデージギアが並んでいたら、とりあえず着てみたいと思って
しまうのも仕方ないよね(笑
今日メールしたのは、その、私がM側にめざめたきっかけについて。
なんか、ね?
ご存知の通り、私のブログ、更新頻度減ってます。
最近、その『SとMのスイッチ』のS側が、入りにくくなってるんです。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2013年10月25日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 3123

このページの先頭へ