投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【寝取られ】元カレと再会した妻は、一瞬で昔に戻ってしまった 【貸し出し】

主婦が、同窓会で昔好きだった人と再会して燃え上がるとか、元カレと偶然再会して火がついてしまったとか、テレビなんかではよく見る話ですが、まさか現実に自分の身に降りかかってくるとは、夢にも思っていませんでした。

嫁の有美とは、結婚して5年です。子供はまだいなくて、来年お互いに30歳になることもあり、そろそろ作ろうと話していました。
有美は、取り立てて美人というわけでもないですが、愛嬌のある顔だと思います。
背も150cmくらいと低く、幼い顔立ちから、いまだに女子大生なんかに間違えられたりします。そして、唯一のウリかもしれませんが、痩せているわりに巨乳です。ウエストとのギャップが大きいので、際立って胸だけが大きく見えます。

有美とは、職場の同僚の紹介で知り合いました。紹介と言っても、私が同僚と食事していたときに、たまたま同じ店で有美が友達と食事をしていたという、偶然みたいな感じでした。
その時、テーブルを一緒にして4人で食事をし、私は有美を、同僚は有美の友達を気に入り、それからもよく一緒に食事をするようになりました。有美と私の同僚は、大学時代のゼミが一緒だったという関係で、付き合っていたわけでもなんでもないとのことでした。

最初は4人で食事をしていましたが、徐々に同僚とは別行動というか、有美と2人で遊ぶことが増えました。
彼女と共通の趣味もあり、すぐに仲良くなり、付き合い始めるまでにも2か月程度しかかかりませんでした。

有美と私の共通の趣味はテニスで、実際にやってみたら腕はほぼ互角でした。週末にテニスをしたり、会社終わりに食事をしたりしているうちに、自然と結ばれました。

有美は、童顔でどちらかというと清純というか純情な印象でしたが、セックスは情熱的なものでした。背が低い女の子はエッチと言いますが、それは本当だったんだなと思いました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年5月16日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】頼むから 【貸し出し】

私40歳 会社員 同棲中の彼女も40歳。何となく結婚話が無いまま同棲もほぼ10年近い。
彼女は頭も良く、凄い美人でスタイルも良く(道を歩いていると誰もが振り向きます)、以前はそれなりに定期的な体の関係もあったのですが、近頃はご無沙汰です。でも拒否はされません。求めればする訳です。

ここ2年ぐらい前から彼女が急速にセクシーになってきました。そのフェロモンには圧倒されるほどです。
同棲して見慣れなければ凄まじい色気でしょう。

綺麗になる彼女を見て、悪い気はしませんので何とも思っておりませんでしたが、ある土曜日で仕事が休みで私は自宅に居りました。

彼女は友人とお出かけするといって午前中に出かけて行きました。ところがです!
一緒に出かけるハズの彼女の幼馴染の友人が、自宅を訪ねてきたのです。

まさか自宅で待ち合わせとは知らなかったため、彼女が勘違いして出かけてしまったと伝えると、わざとらしい返答。

実は会う約束はしてなかったのでは無いですか?と聴くと、友人はそんなことは無いと言い去っていきました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2015年2月19日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】愛人作っちゃった俺www【セフレ】

僕には愛人がいるんです。僕が愛人関係を好むようになったのは
結婚してから、結婚すると、その先の未来を妻との関係を
良好にしていかないといけないのですが、
なかなか思い描いていた、結婚生活とは、違い、
結婚生活にはなにも潤いも、刺激もありません。そんなときに同僚から聞いたのが、愛人の存在
その人は、結婚生活に不満はないという人で、その方に僕は
結婚生活を楽しめるコツを聞いたんです。すると即答で愛人を作ることといっていました。
『結婚していることをちゃんと理解してくれて、自分の結婚生活へは
足を踏み入れない女性と愛人関係になれば、いつでも恋愛気分だし
妻とのセックスレスの不満も消える。妻には悪いけど、充実してる生活を自分が送ることで
妻もそれなりに嫌な顔をしなくなる。
まずは、楽しくない生活を自分自身が楽しめる生活に変えていくことで
妻への接し方も普段よりやさしくなったりするよ。』そういう彼は本当に充実していてそうで、
僕も仕事帰りに早速ネットカフェに立ち寄り、愛人紹介掲示板へ登録して、愛人を探した。登録している女性は、僕と同じ既婚者の人とかが多くて、
お互い家庭がある中で、秘密の関係を築ける相手を探しにきていました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||

2014年8月28日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【レズ】彼にレズが見たいと言われて 【百合】

1: 投稿者:ゆうこ◆FyKbWHtmcM 投稿日:2013/07/0523:50:56

24歳です。今付き合ってる彼(あ、もう過去かも)からいきなり、レズが見たいって
突然の事に
「何 言ってんの?正気?」
彼はしつこく 
「いいだろ 1回だけだから」って
あんまり言うんで1回だけならって・・・。
彼 ちゃんと用意してたみたいで3日後の午後その娘と逢いました。
雑誌の中にいるような娘で名前はチカ。まあ本名かどうかはわからないけど。
逢うと。とってもいい娘で・・。

彼の見てる前で抱かれました(抱かれてって言うより支配されたかな?)
舌の動き 今まで経験した事がないくらい・・。
何度も声上げました、

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年8月10日 | エッチ体験談カテゴリー:レズの体験談

【友達】麻美子の告白【セフレ】

麻美子です。
メール有難うございます。
さて私にとって恥ずかしくもあり又興奮した体験をお話します。
24才の社内旅行は山形に行く事になり混浴風呂があると聞いていました。
他の女子社員は入りませんが 私は入るつもりでいたので、
深夜2時頃1人で混浴風呂に行きました。
さすがに誰もいませんでした。
しばらく1人でゆったり混浴風呂に入っていましたが、
私が気づかないうちに会社の男子社員3人が入ってきて
私の前に現われたので慌ててタオルを取ろうとしましたが
開放的になっていたためタオルを置いた場所から離れた所にいて
男達にタオルを取り上げられてしまいました。
私は体を隠すこともできず3人の男達に 湯船の中で取り囲まれてしまいました。
何もされませんでしたが私がお風呂から上がるのを待っているみたい なので、
諦めて両手で隠しながらお風呂から出ました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年8月8日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻は父さんの部屋で【熟女】

その日の昼休み。
俺は一度家に戻ることにした。
書類を家に忘れたからだ。たいした書類でなかった。
なにかの書類に付随した個人情報保護の同意書だ。
別に明日でも良かった。
しかし職場から家まで車で10分。
俺は取りに帰ることを選んだ。
家は実家である。
2年前のリストラに会い、帰ってきたのだ。
住人は俺と妻と5歳の息子、それに定年退職者の父さん。
父さん。
思えば子供のころから迷惑をかけっぱなしだった。
母は高校の時死んだ。
その後の2年間の浪人。
父さんにならって市役所を受けたが敗退。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年7月13日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】再婚相手の今の妻みどり【熟女】

再婚相手の今の妻はみどりが結婚後も続けていた仕事を辞めたのは職場の上司に言い寄られたからでした。
割とおとなしい性格のみどりはバンと跳ねつける事が出来ないでそれとなく私に相談してきました。
その時はその上司に腹が立って会社に行くといきまいていたのですがみどりにどうしてもやめて欲しいといわれてとどまりました。
それから時間がたつほどに「本当に言い寄られただけで、何もなかったのか?」という疑惑が湧いて来てそれが抑えれなくなってきました。
ただ、依然みどりと夜のHのさなかに冗談で「みどりは結婚してから浮気はしてないの?」
と聞いたときに「なにそれ!」ととてもきつくしかられたことがあり冗談でも聞きにくい状態でした。
そのイライラが溜まっていたときに友人の東に東の奥さんの浮気話をされました。
東の奥さんはみどりと違いとても肉感的でHは雰囲気を常にかもしだす大人の女のと言う感じなので
東に「浮気をされてまいったよ」と言われた時も浮気が似合うよなっと思ったくらいでした。
東は奥さんの浮気に悩んでいる様子もなく「浮気してからやけに夜も激しくなった」
「知らん振りしてるのも主導権を握っているようでいいぞ」などと言っていました。
理解できない内容だったのですがその話をきっかけに自分の疑惑を東に話しました。
「みどりちゃんはうちのと違って浮気するタイプには見えないけど」
と東も笑っていうのですがどうしてもその疑念が解けない私は東にいろいろと小さな気になることを話しました。
私があまりに熱心に訴えるので「じゃ、みどりちゃんが浮気をするかどうか俺がためしてやろうか?」と東が言い出しました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年7月8日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】先輩が自分の嫁さんを抱いてくれとお願いしてきた3 【貸し出し】

会社の先輩の奧さんと、先輩のたっての希望もあり、深い仲になってしまった。先輩は、いわゆる寝取られ性癖の人で、奧さんのミクさんを他人に抱かせたいという気持ちを、ズッと前から持ち続けていたそうだ。

俺ならば信用出来ると言う事で、ストレートに嫁を抱いてくれと言ってきた先輩。最初は冗談だと思っていた。

ミクさんに、先輩を喜ばせるための性戯を教えるという名目で、もう20回以上二人で会っている。
ミクさんは先輩を喜ばせるためにと、とても熱心に俺の教えを聞いてくれた。

そして最近では、ミクさんとのセックスをスマホで撮影する事が当たり前になっていた。
ミクさんには、後でちゃんと出来ているかチェックするためにと言っているが、実際には先輩がどうしても見たいと言ったからだ。

先輩は、初めて動画でミクさんが俺に抱かれるのを見たとき、口には出さなかったが、多分パンツの中で射精していた。興奮しすぎてヤバい顔になっていた上に、ブルブルッと体を震わせて少しうめき声を出していたので、まず間違いないと思う。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月29日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】綾香のオシッコお漏らし露出【セフレ】

今、綾香は朝早くからネットカフェでこれを書き込みしてます。今日の格好は、フレアーの超ミニスカートでノーパン、黒のニーハイソックスという変態服装です。
綾香、個室に入るとすぐに下半身裸になりました。パイパンのワレメがいやらしく濡れていました。そして、持ってきた黒のパンストを直穿きしてパンストのクロッチをパイパンのワレメとお尻にシッカリと食い込ませて穿きました。綾香はそれだけを穿いた格好でいます。
無料で飲めるジュースのお茶だけを4杯も持ってきています。
今、3杯目を飲み終わりました。
朝からトイレに行っていない綾香。オシッコはパンパンに溜まっています。
これから綾香は、フレアーの超ミニスカートだけを穿いてトイレに行ってきます。
・・・・・・・。
今、トイレでしてきたことを報告します。
ここのトイレは変わっていて、男女共用なんです。
三つある個室の中の入り口から遠い奥の個室に入りました。
個室の扉を開けたまま便器を跨り立ちました。
扉は、綾香の後ろにあります。
両手を前の壁に付いてお尻を突き出すような格好になりました。
黒のパンストを直穿きしてクロッチにシッカリと食い込ませて穿いたパイパンのワレメは丸見えです。
壁には、張り紙がしてありました。「トイレを綺麗にご使用していただきありがとうございました。」と書いてありました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年6月21日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻はヤレる女??【熟女】

まるで感想文みたいな拙い文章ですがよろしくお願いします。
私33 妻32 子供2人の普通の夫婦です。
私に寝取られ願望がありますが実行には至らず、お恥ずかしながら妻とSEXする際も
他の男と・・・と考えながら興奮していました。
妻はというと顔は美形ですが、160cm6xキロ、子供を産んでからはかなり太っています。
天邪鬼な性格でプライドもそこそこ高いですが、根はMでSEXは好きなほうです。
(格好つけて嫌がりますが、こらえながらコッソリ気持ち良くなっている面倒くさい女です^^;)
結婚前は50キロチョイくらいで、若干ムチムチしていましたが
それなりに派手目な格好もして友達など周囲の男からチヤホヤされていました。
付き合った当初(二十歳くらい)に私が感じた第一印象は色気があり性的にソソる女といった感じで
実際に初めてSEXした時の感想は、粘り気のある大量の愛液と慣れた腰使い、なによりフェラの上手さに驚きました。
そんな妻と結婚してもう10年、すぐに子供が2人産まれ、特に目立ったことなく普通の夫婦生活をしてきました。
4年ほど前の私が仕事で全く相手にしてやれなかった頃、PCの履歴を不審に思い(履歴にチャットサイトがあった)ソフトを仕掛けて見たところ、若い男とやり取りをしていました。
もともと嫉妬深い私は怒りが先行しましたが、チャットのメッセージを全部確認すると
バーチャル恋愛をしていただけのようで、男の実際に会いたいといった誘いは断っていました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月10日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ