投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【友達】小学生の女の子をおかずに【セフレ】

昨日の夕方に電車の中で、黒いパンストを穿いた小学校高学年の女の子を見て萌えました。
俺は休みであるにもかかわらず先輩に呼び出されて大学に言ってました、夕方家に帰るのに電車に乗っていたんですが、俺が乗った時点では車内はガラガラだったので、4人掛けで向かい合わせになってるボックス席を占領してました。
ところが途中にある沿線でも比較的大きな駅で急に混んできたので俺は窓際に詰めました、俺の向かいに10代前半ぐらいの女の子が友達2人で座ってきて、俺の横は70歳ぐらいの爺さんが座りました。
女の子は買い物の帰りらしく買った服とかが入ってる紙袋を持ってました、2人ともキュロットで1人は黒タイツだったのですが、俺の斜め向かいに座った子はなんと黒いパンストを穿いていたのです、あの薄さはどう見てもタイツではなく大人が履くパンストです。
2人とも中学生が通学用によく穿いてる白いスニーカーでした、高校生はあんなもの穿かないので最初2人は中学生だと思っていたのですが、女の子の会話に「算数のテストが・・・」とか「6年○組の担任は・・・」と聞こえてきたので2人は小学生だったのです。
タイツの子のスニーカーは真っ白でまだ新しいそうでしたが、パンストを穿いた子のスニーカーは新しい感じはなくうす汚れてたのでそこそこ穿きこなしたものだと思います。
大人が穿いてもエロく感じる黒パンスト、それを多少大人びた感じはするが小学生が穿いている、ロリの気がある俺にしてみればこんなにエロいものはありませんでした。
車内はかなり暖房が利いていて、しばらくすると女の子たちは会話をやめて居眠りしていました、隣を見ると爺さんもうとうとしてました、俺も寝た振りをしながら頭を下げ眼だけ開けてパンストを穿いてる子の脚元をガン見しました。
車内は暑いくらい暖房が利いていたので「女の子のスニーカーの中は蒸れているだろうな」「毎日穿いてるのだとしたら臭いかも」そんなことを考えながらパンスト脚を観察しました。
隣の爺さんは通路側に斜めに脚を出して伸ばしていたので、必然的に女の子2人の脚は寄り添うように俺のいる側に持ってきている、ほんの数センチで俺の脚と触れそうだった、俺はジーンズなので例え触れても感触などわからないのだが、それでもジーンズを通してでもあのパンスト脚と俺の脚が触れないかなと期待しました。
彼女たちは40分ほど乗って先に降りて行きました、俺はそこから3駅目の自宅に一番近い駅で降りました。
すぐ家に帰り部屋に入ってオナニーしました、つい今しがた見た黒いパンストを穿いた女の子の脚を思い出しながらです、ここ最近で最高のおかずでした。

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年7月7日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻の告白と動画ver2.0【熟女】

「妻の過去の告白」
僕は28歳です商社のサラリーマンで妻の里香は25歳で課は違いますが同じ商社のOLをしていました。
里香は身長も高くスタイル抜群で性格も明るくて結構可愛い感じの女性でした…
会社の男は皆妻を狙っていた感じでしたが…僕が妻のお眼鏡に掛かったのか分りませんが半年程交際して結婚しました
妻は勿論処女では有りませんでした…それは仕方が無いですが…結婚して1年経ちました…今までは何事も無く平穏無事に過ごしていました。
しかし妻の3面鏡の中に「秘密の思いで」と書かれたDVD-Rを見つけてしまいました…其れを見た僕は怒りと興奮する気持ちが同時に込み上げてしまいました…
妻と久しぶりのSEXをした後…妻の里香がこう切り出して来ました…DVDが無くなってる事に妻が気が付いたからだと思います。
妻「ワタシね…貴方と交際していた時…他に彼氏いたの…」
僕「…同じ課の後輩君でしょ?其の話しなら…社内の噂で…聞いた事有るよ…」
そう言えば交際中に同じ課の後輩の男に妻がしつこく言い寄っているので気を付けた方が良いと妻の同期のOLに言われた事が有りました…
妻が少し「ドキッ…」とした表情をしました…少し俯きながらこう話しました。

妻「もう一年以上前の事だから話すけど…同じ課の1つ年下の後輩君…」

僕も焦りましたが里香がこんな話をするのは珍しいので絶対最後まで聞こうと思いました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月7日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】友達の母【セフレ】

以前から、気になっていた友達の母のパンツを偶然トイレに行ったとき洗濯
機からゲット。
早くこれでオナニーしようと適当に友達に言い訳して、早々に帰宅。
さぁ、やるぞとチ○ポを扱き出した途端、電話が・・
友達の母から。
パンツをポケットにしまいこむのを見られたらしい。
とにかく、すぐに返しにこいというので、あわてて戻ると、友達は塾へ出か
けた後で、母親だけ。
「何で、こんなおばさんのパンツ盗るの?」と問いだされ、正直に「おばさ
んが好きで好きでたまらなく、オカズにしようと思った」と正直に告白。
「しょうがないわね」といいながらおばさんはスカートをまくり、パンツを
脱いでマ○コを見せてくれました。
たまらず、舐めまくりました。
ビデオなんかで観ていたので、クリの場所なんかもわかっていたし思いっき
りしゃぶりました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年7月7日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】窓からお尻を【セフレ】

(●高校2年生の時の体験)
「男性に見られることに興奮を覚えることに気づいたのは,高校2年生になったばかりのことでした。
その日,私は日直でしたので,世界史の先生の言いつけで,授業中に使用する資料プリントを教室まで運んでいたのです。
クラス全員の分ですから,両手で抱えるようにしなければ持てません。
職員室を出て,2階にある教室へ行こうと生徒玄関前の階段を登っている時です。
猛烈な春風が,戸を開けていた生徒玄関から入り込み,階段を伝って吹き上げたのです。
足に風が絡みついたと思った瞬間,フワッとスカートがまくれあがりました。
「キャー」
と叫んだものの,両手はプリントを抱えているのでどうすることもできませんでした。」
この時,智子さん(仮名)が声をあげ,慌てるのを見ていた一人のクラスメートがいた。それも彼女が憧れていた男子生徒である。
ただ,彼女がスポーツマンで優等生の彼に一方的に憧れていただけではあったが。
スカートがまくれ上がっている間,智子さんが驚いたように,彼も驚いた。そして,次に恥ずかしさからか,彼は顔を赤くしてうつむいてしまった。
「彼が恥ずかしいように,私も恥ずかしかったのです。
だって,パンティまですっかり見られてしまったからです。あの時は,確か白だったと思います。
でも,それと同時に,何やら不思議な感じがありました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年7月6日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】私の裸見てもらいました【セフレ】

私は約束を守もりました。外で私の裸を見てもらいました。
あの宣言をしてから、日曜日に1日中考えていましたが、
良い方法が思い浮かばないまま、月曜日になりました。
借りていたビデオの返却日だった事を忘れていたのを思い出し、
夜も少し遅かったのですが、間に合うと思ったので返しに出かけました。
私の家からレンタルショップに行く途中、
どこかの会社の資材置き場になっている空き地があります。
そして、その空き地の中から懐中電灯のような明かりが見えました。
私の家の付近は 毎年 不審火で火事があったりするので、
「こんな夜中に何かしら・・・」と心配になりました。
空き地に入るのは怖かったので、路上の電灯で
見えるような角度に回り込み、空き地の方を覗き込みました。
そこには、空き地の塀際の草薮の中で、
何かを探している人影がありました。
その人には見覚えがありました。特徴のある人なので・・・。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年7月5日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】快感 7【セフレ】

オナニーは毎日するよ。
寝る前とか授業中もね。
夏休みの話しようかな。
夏はお店忙しいのよ海も行けないの。
アタシも女の子。
浴衣着るよ超ミニ。
股下3㎝。
でねお仕事なの。
売れるのよ生ビール。
でも汗ビッショリ。
お店も終わりそうな時とうとうハダカに。
これ去年の事。
でねのれん降ろして常連さんだけサービス。
9時から常連さんだけよ。
昼は宿題するの。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2014年7月5日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】彼女【セフレ】

僕は26さいの会社員。彼女も同じ年です。
つきあって5年ほど になりますが、お互いHの経験も浅かったので、
つきあってからいろんなことしました。ひととうりすることはしてみて、
最近マンネリになっていました。しかし、まだまだHなことはいっぱいあるのですね。
今、よくやっているのは、「ヘルスごっこ」です。
僕が客で彼女は、店の娘っていう設定で、もちろん名前も勝手に付けます。
(このとき、やりたい女の子の名前でよぶといい・・・)。
顔射・胸射もOK・・・。そして、とうとう最近では、
おたがいの名前を違う名前で呼びながらSEXしています。
これが変な気分でいいです。まるでオナニーのようですが、
気持ちいいのはSEXと一緒。いいです。
そして、このまえとうとう、してしまいました。3P。
以前からお互い興味はあったんですが、さすがにこればかりは・・・という感じでした。
相手は、彼女の会社の後輩の女の子。とても彼女と仲が良くて、
H話もよくしてたらしいのですが、3Pの話題になって、

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||

2014年7月4日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】美味しい思いさせて頂いてます。その2【セフレ】

昨日のことです。
ムズムズしていたので、彼女で抜こうと思い行きました。
その日は同居人の子がいなく、代わりに同じ学校の留学生の子が遊びに来ていました。
私は軽く会釈して座りました。
まだ夕食を食べてなかったので、そこで食べました。
よく見ると、その友達もなかなかのスタイルでした。
食べ終わって、彼女が片付け終わると早速彼女のオメコを弄りだしました。
友達の子が横に居たのですが、私は気にせず始めました。
すぐに彼女のオメコはビチョビチョ・・・クチュクチュ音を立てています。
友達がいるせいか、今日は声を出すのをガマンしています。
ブルブル震えながら、耐えていました。その顔がまたたまらなくいい顔です。
もともとノーパンなので、指を奥まで突っ込みグチュグチュかき回していました。
友達の顔を見るとキョトンとした顔でこちらを見ています。
何してんの?って感じで・・・
私は彼女を膝の上に乗せ、挿入・・・彼女に上下させて楽しんでいました。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年7月3日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】大学受験のとき【セフレ】

大学受験の時のことです。上京して親戚の家にお世話になっていました。夜布団に入ってい
ると、無性に外出したくなりました。その親戚の家は実は寮になっています。寮の管理人な
んです。それですから、空いている部屋を貸してもらっていました。一階の部屋だったので
、いつものごとく窓からなにも着ないで外出。手には缶ジュース代を持っていました。しか
し、田舎とは違って車が多いから、なかなか思い切って道路にでることができず、帰ろうか
と思っていると、ふと車がとぎれました。
近くにある自動販売機ではなく、ちょっと離れたところにあるところを目指しました。駅に
近い方です。もしかしたら誰かと会うかもしれない。途中何度も人影を見かけては物陰に隠
れました。知らないうちに誰かに見られていたかもしれないですね。
自販機のところにつくと早速ドリンクを買いました。出てきたときの音がとても大きく聞こ
えました。少し駆け足でもどりましたが、到着寸前で油断してしまいました。私の後ろから
車のヘッドライトが。ふり返るとすぐ近くでした。見られてしまいました。確実に見られま
した。あわてて寮の建物の中に入り、自分の部屋にもどりました。都会で初めての露出で、
見られてしまいとても興奮してしまいました。なんかふしぎな気持ちになって、その夜は一
晩中寝られませんでした。起きてる間何をしていたかというと、ずっとオナニーです。何度

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||

2014年7月3日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻の隠し物【熟女】

俺が30歳、妻が29歳の時結婚。妻は4大を出て大手金融機関に勤めています。俺は地元の工務店。
結婚して7か月位経ったある日、仕事から帰った俺は探し物をしていた。整理タンスのを探していると奥の隅に小さな袋に入ったものがあった。気になった俺がそれを開けるとそこにはなんとピンク色のローターとバイブが入っていた。本当にびっくりしてしまった。俺と妻はお見合い結婚です。お付き合いをしている間の二人はキス以上の関係は持てなかった。最初に妻とキスをした時も妻はきっと初めての経験ではと思った位、うぶで恥ずかしさを満面に浮かべていた。新婚初夜の時、はっきりとそれはわかった。妻が言うのには中学、高校と女子校で、それも進学校だったので勉強だけで、男子生徒と交わる機会もほとんどなかったとのこと。
そんな妻も年頃になれば、異性に興味をもち、いつから始めたのかオナニーをしてもおかしくはない。まして29歳まで男経験もないなかで、妄想と本能から来る性的欲求を手だけでは物足りズ、どこで知ったのかローターとバイブで慰めていたことだろう。確かに妻が結婚するとき持参した妻の下着も決して派手なものなど一つもなかった。白とベージュのブラ、パンティーもビキニでなくオーソドックスないわばおばさんが穿く様なもので色も白とベージュだった。フェラをしてくれるようになったのも結婚して半年位経って、俺の要求に対して、決して上手ではなくただ口に含むだけのものだった。セックスするときも仰向けになってわずかばかり両足を開く程度だから。じっと眼を閉じて口を結んでいるだけ。俺は今でも妻がそれをいつ使っているのかも知らない。

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年7月2日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ