投稿!エッチな体験談 最新更新情報!

【芸能人】「韓国で密かに稼ぐ女性タレントたち」SHIHOと八木アリサ、バラエティ番組に積極出演 【妄想】

2014年6月29日16:00(サイゾー)

「韓国で密かに稼ぐ女性タレントたち」SHIHOと八木アリサ、バラエティ番組に積極出演
.

 昨年末からジワジワと人気に火が付き、現在は、韓国でトップ子役スターとして活躍しているチュ・サランをご存じだろうか。

 実は、この子の父親は日本で『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の「男気じゃんけん」に度々登場する、格闘技選手の秋山成勲だ。過去、格闘技選手の桜庭和志との一戦でオイルを塗りたくる違反行為を犯し、ある意味、歴史に残る名勝負を刻んだこの男。現在は韓国を中心にタレント活動をしている。

 そして、母親は日本でトップモデルとして活躍するSHIHOだ。現在、日本のファッション雑誌「オトナミューズ」(宝島社)で梨花や岩堀せりなどとともに、専属モデルとして活躍する傍ら、韓国では娘・サラン、夫・秋山と、バラエティ番組に出まくっているのだ。

「KBSのバラエティ『ハッピーサンデー―スーパーマンが帰ってきた』という番組があるハングルで賑わっている。

 一方、日本ではイマイチ知名度が低いが、八木アリサをご存じだろうか。日本でモデルとして活躍しているが、現在、韓国のシチュエーションバラエティ番組『私たち結婚しました―世界版シーズン2』(MBC)で日本でも人気のアイドルグループ・SHINeeのキーと仮想夫婦になって登場している。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年7月4日 | エッチ体験談カテゴリー:芸能人との体験談

【王様ゲーム】三十路の母親と小学生の娘 【乱交】

<>362:なまえを挿れて。:2013/09/15(日)23:33:13.46ID:xGCTYsytP<>

マジな話、書くけど良いかな?
結構鬱になるけど

今は俺は田舎でのんびり暮らしているが
そのとき、10年くらい前だったけどさ・・・

<>363:なまえを挿れて。:2013/09/15(日)23:38:42.03ID:xGCTYsytP<>

俺ある事情で大もうけできた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月4日 | エッチ体験談カテゴリー:王様ゲーム・乱交の体験談

【芸能人】若妻に搾り取られる加藤茶と、業界内外の美女が群がる志村けん 【妄想】

若妻に搾り取られる加藤茶と、業界内外の美女が群がる志村けん……その晩年の「明と暗」

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 ザ・ドリフターズのメンバーの中でも、人気を二分していた加藤茶と志村けん。その2人の老後の生き方が、芸能関係者から注目されている。71歳の加トちゃんは3年前、元社長秘書という触れ込みの45歳年下の綾菜さんと電撃入籍。世の男性から羨望のまなざしが向けられた。しかし、筆者が取材したところ、綾菜さんは銀座8丁目のクラブ「A」のホステスで、加トちゃんとはお客とホステスの関係で知り合ったことが判明した。

 銀座のホステスは浪費家だといわれているが、ご多分に漏れず綾菜さんも浪費家だったようだ。加トちゃんは綾菜さんを喜ばすために老体に鞭打って、働き続けている。仕事は選ばず、金になるパチンコ営業の仕事も積極的に引き受けた。綾菜さんは加トちゃんが稼いだ金を、自身が立ち上げた赤字続きの通販ビジネスにつぎ込んだり、同世代の男性との交際費に流用。そんな状況をブログにアップするため、その都度、ネット上で“悪妻”とバッシングされてきた。

 しかし、加トちゃんは、綾菜さんをかばって、仲の良い夫婦を演じてきた。結果、加トちゃんの老化は進む一方で、6月9日にNHKで放送された『鶴瓶の家族に乾杯』にゲスト出演した際は、鶴瓶に「大丈夫ですか?」「もっと早く話してください」などと催促されるという醜態ぶりを見せてしまった。そんな加トちゃんに対して、ネットユーザーからは「目が死んでいる。気の毒だ」という同情の声が寄せられている。

 一方、64歳になっても独身を貫き通している志村は、美女とのツーショットをたびたび写真週刊誌「フライデー」(講談社)に掲載されるなど、いまもなお写真誌のターゲットにされている。志村と親しい番組関係者によると「以前は六本木の高級クラブや高級キャバクラで遊んでましたが、今年に入ってからは麻布十番にあるガールズバーに入り浸ってますよ。そこでは、どんなに飲んでも1万円前後。安上がりな遊びですよ」という。

 志村はガールズバーの美人女性店長や店長の女友達、それに店に来る女性客と食事したり、飲み歩いているという。さらに、志村とお近づきになりたい女性芸能人は、恒例になった2月の志村の誕生日会に集結している。今年は押切もえに菜々緒、元AKB48の板野友美、森下悠里、杉原杏璃といったグラビアアイドルも目撃されている。また、同会では、7月の舞台『志村魂』で共演する磯山さやかの腰に手を回してご機嫌な志村が目撃されている。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年7月1日 | エッチ体験談カテゴリー:芸能人との体験談

【寝取られ】憧れの清楚で優しい優子先輩が、男達3人に 【貸し出し】

僕には、憧れの先輩がいる。大学のサークルの、二つ上の優子先輩だ。大学に入学して、右も左もわからない僕に声をかけて、サークルに勧誘してくれた人だ。
サークルは、夏は海でサーフィンと山でクライミング、冬はスキー、スノボという、オールシーズンスポーツサークルみたいな感じだ。

遊んでいるような、リア充っぽい人ばかりのサークルで、僕はちょっと浮いているような気がしているが、優子先輩会いたさになんとかやめずにいた。

週末は色々と出かけたりすることが多いサークルだが、普段の日はとくに何もすることなく部室で雑談している。今時は部室のないサークルが多いけど、結構大きな部屋を使わせてもらっているので、いつ行っても誰かしらいる感じだ。

誰にもなかなか話しかけることも出来ずに、ポツンとしていることが多い僕だったけど、勧誘した責任感からか、優子先輩がよく話を振ってくれた。そうしているうちに、僕も皆と打ち解けることが出来て、友達と呼べる人間も出来た。

本当に、優子先輩には感謝しても仕切れないくらいで、いつしか感謝が憧れに変わっていった。

優子先輩は、桐谷美玲を垂れ目にして柔らかくした感じのルックスで、サークルの中でもアイドル的な存在だ。噂は色々と聞くが、特定の彼氏はいないようだ。
とは言っても、僕なんかでは絶対に付き合うことなど出来ないとわかっているので、見て楽しむだけという感じだ。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年6月16日 | エッチ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【人妻】幼なじみの姉妹 由美と亜美【熟女】

幼稚園から高校までずっと同じ学校の同級生だった女の子が居た。一応仮名で由美としておく。家がごく近所で、親同士も大変仲が良く、幼稚園から低学年の頃は、よく家族ぐるみで一緒に出掛けてた。
由美はなかなかの美人、しかもバレエ、ピアノ、書道、(3年ほどだが)水泳、(水泳やめた後)公文と習い事も山盛り。
勉強もスポーツも出来ると言う、マンガに出てきそうな優等生。スラッとしたスタイルで、クラスの男連中の中では一番人気だった。
で、2つ下に妹が居て、名前が亜美(仮名)。彼女も由美と同じように習い事をして、勉強スポーツ両刀。
ただ、由美と違うのは、美人には程遠い容姿と、大柄で(同級生の中では)ゴツい体格。同級生にはゴリみたいな事も言われてたらしい。
父ちゃんは濃い目の男前、母ちゃんは和風美人、姉ちゃんは父似の美人のなか、彼女だけは負い目を感じてたと後に聞いた。
幼稚園~小学校低学年の頃は、彼女らの習い事の時間までは、ほとんど毎日遊んでたが、公園の遊具なんかでも、俺がクリアできない場所でも、2人は飄々と登っていったり出来るみたいな感じで、いつも怪我するのは自分だけだった。
何と言うか情けない話だが、運動関連では、2人には全く敵わなかった。
小学校も高学年になると、だんだん男女で一緒に遊ぶことなんかが無くなってきて、由美と会話するのは登校班で一緒に学校に行くときだけになった。
まぁ由美はクラスでは高値の花、俺は道端の雑草、恋心が全く無かった訳では無いが、家の大きさも違うし何となく世界の違いを感じてたので、深い恋愛感情にはならなかった。普通に会話するけどね。
ところが、亜美とは何故だか知らないが気が合って、亜美の方は俺を慕ってくれる。
「俺ちゃーん」
とか言いながら顔を見ると寄ってくるんだが、これが情けないことに、俺が小1(亜美が年中)の時に身長を抜かれたきり、成長期までずっと向こうの方が背も高かった(その頃の身長は、亜美>由美>俺)から、俺としてはありがた迷惑と言うか、複雑な気持ちだった。
その頃の事で覚えてるのは、亜美がよく俺に、
「水泳やめたい」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月15日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】初恋の彼女のすべて【セフレ】

中学2年生の少女。女の人生の中で一番可愛い時なのかもしれない。彼女もおそらくそうだったのだろう。可愛い。その一言では片付けられない美しさ。それが彼女の魅力だった。
 彼女が何時に入浴するのかは何度か下見に行っていたので分かっていた。彼女は6人家族。3人姉妹の2番目。入浴の順番はいつも最初だった。風呂場の灯りがつくのを窓の下の湯沸し機の横で息を潜めて待っていた。家族の笑い声が聞こえる。彼女の明るさはまさに学校でのそれと変わり無いものだった。
 自分の家族はそれと正反対のものだった。食事のときでさえ会話はない。他人に自慢できない醜い両親。自分のコンプレックスがそこにあった。
「裕美ー、風呂入れーなー。」
 母親の声が聞こえた。僕の心臓は急にその鼓動を速めた。あの森★裕美が数m先で全裸になろうとしている。
「はーい。」
 裕美が着替え場に入ってきたのが分かった。一枚一枚服を脱いでいく。僕はその隙に風呂場の窓を数cm開けておいた。ガラガラッという音とともに全裸の裕美が入ってきた。こちらに気づいている様子は全く無い。裕美の胸は小学生のように小さく、綺麗なピンク色の乳首が確認できた。秘部には生えかけの恥毛があった。ヘアーも確認できるが、割れ目もきちんと確認できた。
 まず湯船のお湯を洗面器ですくい、肩からかぶった。濡れた裕美の肌は橙色の灯りに照らされいやらしく光っていた。湯船につかった。裕美の頭頂部が見えた。僕は彼女の身体が見えなくなったことにより自分の理性が蘇らないよう注意した。こんな幸福はおそらく僕の人生の中で1度有るか無いかだ。
 裕美は湯船から出て髪を洗い出した。バスチェアーに座り肩までの髪を優しく揉み洗った。裕美が頭皮をマッサージする度にその振動で乳房が揺れるのが分かった。彼女の脇には余計な毛など一本も生えていなかった。リンスをし終わるとシャワーを頭から浴び始めた。目を閉じて、顔からシャワーを浴び頭を振ってリンスを流そうとする裕美。その姿はシャンプーのCMに出てくるアイドルなんかよりずっと純粋で魅力的だった。
 裕美はシャンプーを終えるとまた湯船に使った。裕美は鼻歌を歌いだした。
「あ☆から~♪ ☆達は~ 何かを☆じてこれたかな~♪」
 裕美の好きな歌が分かった。それだけで嬉しかった。そんな純粋な恋心みたいなものが自分の中にまだ残っていたことに自分でも驚いた。
 裕美の鼻歌が止まった。何か急ぐように湯船を出、蓋を閉めた。そして持っていたタオルで体の水分を吹き始めた。腕、胴体、足、そして次は股間。こちらに可愛い丸々とした尻をむけて股を拭こうと屈んだ瞬間だった。裕美のそれは期待に反してお世辞にも綺麗なものとは言えなかった。男性経験などあるはずもない裕美の未完成な女性器は淀んだ紫色をしていた。
 裕美が風呂からあがった後もなぜか僕はそこから動かないでいた。すると、おびえた裕美の話し声が聞こえてきた。
「誰か風呂覗いとるかもしれん…。」

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||

2014年6月14日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】学年のアイドルをホテルに連行【セフレ】

俺にも未だにズリネタにできるような昔話が3つある。

若いって素晴らしい。

暇だから語らせてくれ。

まず1つ目。

高1の夏、俺は完全に舞い上がっていた。

何をあんなに舞い上がっていたのか、今となってはわからない。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||

2014年6月12日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】胸キュンごっこ【セフレ】

子供の頃、田舎に住んでいたときの話。
近所には同じ年頃の子供もいなかった、比較的年の近い子でも結構年上。
俺が小六、彼女は高一くらいだったかな。
彼女の名前はレイナ、小さい時からよく遊んだりしていて、俺は「レイ姉ちゃん」と読んでいた。
セミロングの髪型にメガネをしていた姉ちゃん、正直、あまりカワイイと思ったこともなかった。
地味なルックスにブレザーの制服、姉ちゃんは遠い高校まで自転車で通学していた。
ちょうど“異性”に対して関心が出てきた年頃の俺、まさか姉ちゃんとあんなことになるとは思っていなかった。
その頃、俺の友達の間では“胸キュン刑事”というマンガが流行っていた。
主人公の女刑事が犯人を捜すときに“乳首が勃つ”という設定が当時の俺にはたまらなくエロい。
よく体育の授業中などは女子の胸を見て「アイツ、胸キュンしてるんじゃね」とか言って友達と盛り上がっていた。
俺もこっそり買った胸キュン刑事の単行本を見ながら、床に股間を擦り付けたりしてオナっていた。
同級生の男子でも全然女に興味がないようなヤツも結構いたので、そんなマンガを持っているが少し自慢だった。
ある日、レイ姉ちゃんが俺の家に遊びに来た。
最初は普通にファミコンをしたりしていたがだんだん飽きてきた姉ちゃんは俺の部屋を物色し始めた。
隠してあった“胸キュン刑事の単行本”を見つけ「やだぁ、アンタこんな本読んでんの~」と言われた。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年5月24日 | エッチ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】性的虐待に反撃【熟女】

高校卒業まで、山間の温泉町で育った。どっぷりと昭和の時代だ。母と2歳上の姉との3人暮らし。母が俺を妊娠中、親父は愛人を連れて姿を消した。
病的な女たらしだったそうだが、俺にとっては最初から「いない人」だ。母に似て勝ち気だった姉とは対照的に、俺は気が弱くて極端な引っ込み思案。
圧倒的な「女社会」の中、いつも女2人の後をおとなしくついて行く子供だった。家族3人で住んでいたのは、温泉街に近い小さなアパート。
母が勤めていた温泉旅館の経営者が、建物全体のオーナーだった。
そのせいか住人の半分くらいは母の同僚で、社員寮みたいな感じだったな。アパートの敷地に小さな「立ち寄り湯」があった。温泉を引いた銭湯だ。
看板を出さず、ガイドにも載っていないから、温泉街の客はまず来ない。
10人も入れば満員で、利用者の大半はアパートの住人か近所の人だった。今から思えば薄暗くて小汚い所だが、安いし、内湯代わりに使う人も多かった。
幼い俺は母や姉に連れられ、当たり前のように女湯に入ったものだ。 ※  ※小学校に上がると、女湯に入るのが何となく恥ずかしくなってくる。
たまにだが、同じ学校の子と銭湯で顔を合わせるのも嫌だった。
俺を見ると女子は露骨に嫌な顔をするか、「やだあ」という感じでクスクス笑うし、
男子は「お前、まだ女湯入ってるの?」と馬鹿にしたような視線を向ける。だったら男湯に入ればいいのだが、一緒に行った母に、
どうしても「ボク、男湯に入る」の一言が言えない。
一度、勇気を振り絞って独りで銭湯に行き、男湯に入ろうとしたが、
番台のオバさんに笑顔で「龍ちゃん(俺)、あんたはこっちでしょ?」と言われ、
黙って女湯に移った。情けないが、そんな子供だった。母の勤務時間の都合で、俺が銭湯に行くのはたいてい夜遅い時間帯。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年5月19日 | エッチ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【浮気】 スロットにはまった若妻を罠にはめた 【不倫】

俺が昔、スロットで生活してた頃の話だけど、けっこう良い思いをしてた。
今となっては信じられないかも知れないけど、昔のスロットは、技術介入とハイエナ狙いで、確実に食えた。
閉店間際に天井近い台をメモして、次の日の朝一狙いをするだけの簡単なお仕事なのに、なぜみんなやらないのかと不思議に思うくらいだった。

そして、負けてるヤツを見て、正直心の中で笑っていた。フラッと店に来て、適当に台を選んで、ジャブジャブお金を解かしていく姿は、勝っている人間から見ると、俺の養分wて言いたくなる感じだった。
そして、そんな負け方をする人間に、若い女性が多いのもあの頃の特徴だった気がする。
5号機になってからは、俺はスロットは打たなくなったけど、たまに1パチとかで遊んだりする時に、スロットの島を見ると、本当に女性というか、打つ人間そのものの数が減ったと思う。
確かに、今のスロットはストレスしかたまらないw

当時は、アホみたいに金を溶かし続ける女の子を見て、止めときゃ良いのにと思いながら、俺はマジで出しまくっていた。
あの頃は、負けてるヤツは額もハンパではなくて、死んだ魚のような目で打ってて怖かった。レギュラーボーナスが確定しているのに、必死な顔で、すがりつくようにビッグを目押しし続けるヤツとか、溶かしすぎて震えながら打つヤツ、台を壊れるまで殴り続けるヤツ、ホールのトイレで自殺するヤツまでいたような時代だった。

そして、俺が箱を積んで打っていると、たまに女性に声をかけられた。トイレに立った時や、飲み物買いに行った時に、後ろから声をかけられるパターンが多かったけど、ストレートに”買ってくれ”と言うヤツだった。

このエッチ体験談の続きを読む »

エッチ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年5月14日 | エッチ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

このページの先頭へ